トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > イベントレポート
 > 【速報レポート】マーケティングテクノロジーフェア2017〜1日目〜

【速報レポート】マーケティングテクノロジーフェア2017〜1日目〜

2017/02/17

Author:藤森 康平

【速報レポート】マーケティングテクノロジーフェア2017〜1日目〜

イベントレポートBtoBマーケティング

2017年2月14日、15日の2日間に渡り、ワンマーケティングも出展させていただいた「マーケティングテクノロジーフェア2017」が開催されました。

マーケティングテクノロジーフェアとは、ECとBtoB向けのマーケティングツールやベンダーが一堂に会する展示会です。特にBtoB業界では、ここ数年でABMやMAの認知度が急速に広まりを見せており、多くの企業がABMやMA関連のテーマで出展しておりました。

本記事では、展示会1日目の会場の様子、拝聴したセミナー講演から感じたBtoBマーケティング最前線についてまとめています。ぜひご一読くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報レポート】マーケティングテクノロジーフェア2017〜2日目〜

MA実践ガイドを無料ダウンロードする

マルケト社:導入事例から見えてきた成果を出し続ける顧客エンゲージメントのあり方

エンゲージメントマーケティングをあり方について、マーケッターに求められる業務範囲の拡大や顧客の購買行動の変化など、エンゲージマーケティングが必要となった背景を踏まえた上で丁寧に解説いただきました。

エンゲージメントマーケティングを実施する上で、MAツールは必要不可欠な存在であることは間違いないでしょう。
しかし、「ツールに踊らされてはいけない」とスピーカーである小関氏が語る姿がとても印象的でした。数多存在するMAツール選定における、重要な示唆に富んだ講演となったでしょう。

▼マルケト社のブース

marketo

マルケト社はコーポレートカラーの紫色で統一されたブースが印象的でした。展示ブースではプレゼンテーションを実施。多くの人が足を止め、話を聞き入っていました。

セールスフォース・ドットコム社:30分でポイントをつかむ – 営業出身者のためのB2Bマーケティング ~これから取り組んでも、うまく結果を出すために~

セールスフォース・ドットコム社による、営業出身者のためのBtoBマーケティングの講演を拝聴。

マーケティング担当者と営業担当者の間に生まれているギャップや、MAやSFAを活用したギャップを埋める解決策についてわかりやすくご説明されていました。

営業担当者が抱えるマーケティング担当者に対する不平・不満の具体例に対し、参加者が「ウンウン」とうなずいている姿を見受けられていたのが印象的。どの企業も同じ問題を抱えていることを再認識するとともに、BtoBマーケティングに力いれるべき必要性を強く感じました。担当者自身も営業からマーケティング部門に異動してきたキャリアの持ち主だったため、話に説得力がありました。

▼セールスフォース社のブース

salesforce

キャラクターのイラストを用い、ポップな印象を与えるセールスフォース社のブース。こちらも講演とは別に複数回プレゼンテーションを実施し、BtoBマーケティングのポイントについて紹介していました。

東京商工リサーチ:企業情報によるターゲティングで効果を最大化するABM(アカウント・ベースド・マーケティング)の実践

ABM導入時にポイントとなる企業ターゲティングと企業スコアリングについて重点的に説明いただきました。

ターゲティング基準やスコアリング基準など具体的な例を用いてご紹介していたため、これからABMを導入していく担当者にとって大変有意義な内容だったでしょう。公演時間の30分と短いと感じるほど濃い内容の講演で、日本最古の企業データカンパニーとして、企業データ管理の量やノウハウの強みを大いに感じました。

▼東京商工リサーチのブース

tsr

HAPPY ANALYTICS小川卓氏:「コンテンツマーケティング」を分析して、改善するための手法と事例

ワンマーケティングの記事も執筆いただいている小川氏の講演。

※小川氏執筆:一から学ぶBtoBサイトでの「分析×継続改善」の実現

用意された席は満席で、立ち見の方が大勢いらっしゃいました。

コンテンツマーケティングを始めたものの、「どうやって記事を評価したらいいか分からない!」と多くの担当者が悩む問題ですね。
スピーカーである小川氏からは、この悩ましい問題を解決する方法を柔らかい口調で丁寧に解説いただきました。

成果が出るまで時間のかかるコンテンツマーケティングを正しく運用するために、指標のシンプル化や成長ステップなど、コンテンツマーケティング担当者がいますぐに取り入れられるノウハウを惜しみなく共有いただけています。
ときおりジョークを交えながら話すため、終始会場は穏やかなムードに包まれていたのが印象的。

まとめ

今回は「マーケティングテクノロジーフェア2017」1日目のレポートをお送りしました。

1日目から大変多くの方が来場されており、MA(マーケティングオートメショーン)をはじめとしたマーケティングツールやその活用法についての注目度の高さを会場で再認識しました。

次回記事では2日目の会場、セミナー講演の様子についてお伝えいたします。

効果的な見込み客管理から顧客を創出するためのマーケティングオートメーション実践ガイド

企業の購買プロセスが長期化・複雑化している中で、効果的に商談機会を創出するためのソリューションとして注目を集めているMA(マーケティングオートメーション)。

この資料では、

  • BtoB企業の見込み客管理の問題点と解決法
  • マーケティングオートメーションとは何か?
  • BtoBが活用するために必要なMAの機能
  • MAを活用したBtoBマーケティング実践法

など、MAの概念や役割、マーケティング活動に必要な機能と、BtoB企業がMAを活用するためのポイントについて解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

マーケティングオートメーション実践ガイド

無料ダウンロードはこちら

企業の売上に貢献するBtoBマーケティングソリューションツール『mabot』


BtoB企業マーケティング担当向け お役立ち資料ダウンロード
資料の詳細情報はこちら


マーケティングオートメーション実践ガイドをダウンロードする

トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > イベントレポート
 > 【速報レポート】マーケティングテクノロジーフェア2017〜1日目〜

PAGE TOP