トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > コンテンツマーケティング
 > BtoBのWEBマーケティングはアドオンで考えよう。課題解決型サイト構築のすすめ

BtoBのWEBマーケティングはアドオンで考えよう。課題解決型サイト構築のすすめ

2013/10/08

Author:垣内 良太/ワンマーケティング株式会社

BtoBのWEBマーケティングはアドオンで考えよう。課題解決型サイト構築のすすめ

BtoBマーケティングを効果的に実施するためにもWEBサイトは欠かすことができないツールのひとつだ。しかしながら、その多くが【作る】→【放置】→【リニューアル】の繰り返しで、WEBサイトを効果的に活用していることは少ない。アクセス数は、なぜ上がらないのか?そしてそれを飛躍的に向上させる一手についてブログにまとめてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検索エンジン対策(SEO)では、ほぼ刈り取っている!

多くのBtoB企業のサイトが 、主要なキーワードをもうすでに、刈り取ってしまっている。つまり、もうこれ以上、アクセス数アップは望めないという現象だ。アクセス数の向上が望めない以上、相対的にマーケティング効果を高めていくことも難しい。

以下はとある製造業のアクセスログ。
こちらをみていただくとよくわかるだろう。
土日を除くとほぼアクセスは一定で、伸びもせず、増えてもいない。


御社のWEBサイトのアクセスログもこのようになっていないか?

なぜ、こうなるのだろうか?
その理由は、主要キーワードではほぼ検索結果ページで上位表示を取得しているからだ。BtoB企業において、多くの場合、製品やサービスがニッチなケースが多い。つまり、選定キーワード自体の競争性が低いため、結果として上位表示が達成できているケースが多い。上位に表示されることはとても良いことだが、逆に言うとそれ以上の伸びは期待しにくいということでもある。

資産をリセットしていないか?

アクセスアップのために、あと残す施策を考えるとすれば、ひたすらページ改善をしていく以外に手は無いのだろうか?私が知っている限り、多くのマーケティング担当者は、多忙を極めている。そんな中で、アクセスログを解析し、改善施策を検討し、さらにページを改修し、改善ができたかどうかを確認していく…。果たしてできるだろうか?とても難しいことだと思う。
そして、最終手段がサイト全体のリニューアルだ。“WEBサイトを一度リセットしよう”という考え方だ。

WEBサイトを作り、それを生業としている我々にとっては、サイトのリニューアルのお話をいただくことはありがたいことだ。
しかし、それで本当に良いのだろうか。(UI上の不備、コンテンツの欠陥、必要最低限の不足、画面サイズの被最適化などの場合はいかしかたないが。)

はっきり言って、大規模なものになると、途方もないリソースと費用と時間が発生する上に、効果が出るかどうかも実際のところ怪しい。何せ、SEOでは刈り取っているのだから。

BtoB企業は課題解決型サイトをアドオンしよう!

本丸をリニューアルするというのは、最終手段だ。それよりも、事業毎に切り出したサイトや、ニーズに対するソリューションに特化した課題解決型サイトを作り、外堀を埋めて行く方法を我々は提案している。その方が断然効率が良く単純にアクセス数向上、しいては引き合いの向上に繋げることができるからだ。

課題解決型サイトが良い7つの理由

では、なぜ課題解決型サイトをすすめるのか?

1.テーマが絞れていて専門性をアピール可能

2.SEOにも効く

3.本丸をリニューアルしたところで大幅増は期待できない

4.現状のアクセス数に加えてアドオンできる

5.スタートアップが速く機会損失を防ぐことができる

6.KPI・KGIの設定がしやすくコンバージョンが測りやすい

7.一歩踏み込んだ提案をしているので話が早い

さらに踏み込んで更新コンテンツを加えよう

課題解決型サイトを立ち上げた。さぁ、これで完了か?
それでは、まだまだ不十分だ。ただ立上げただけでも、アクセス数のアップにはつながるだろう。しかし、こちらも本体サイトと同じで、結局更新しなければ、行き詰まりは必ず見えてくる。そうならないためにも、常に更新要素を用意していく必要がある。
更新すればするだけ、そのページは検索結果の窓口になる。つまりは、アクセス数アップに繋がる。また、更新情報としてメルマガやソーシャルで告知することもできる。そして、既存リードの集客につながり、これがまたアクセス数のアドオンとなる。

まとめ

テーマを絞る。コンテンツを作る。コンテンツに集める。自社の中で、好循環モデルができると、アクセス数は自然と上がっていくと同時に、絞りこまれたテーマだけに見込客(リード)の質も向上していくことは間違いない。本体サイトをリニューアルするかどうかで迷っている方は、一つの手段として、課題解決型サイトを立ち上げることに集中してみてはいかがだろうか

BtoB企業が顧客を獲得するためのコンテンツマーケティング実践ガイド2016度最新版

多くのBtoB企業のマーケティング担当者が、自社のWebサイトに対して停滞感や行き詰まりを感じています。Webサイトを起点として、どのように顧客獲得に繋げていくのか?

この資料では、

  • 見込み客を獲得できるWebサイトの作り方
  • 見込み客のナーチャリング(育成)法
  • 見込み客の案件確度を見極める方法
  • 効果を検証・改善する方法

など、コンテンツマーケティングのノウハウや具体的な実践法について詳しく解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

コンテンツマーケティング実践ガイド

無料ダウンロードはこちら

企業の売上に貢献するBtoBマーケティングソリューションツール『mabot』


BtoB企業マーケティング担当向け お役立ち資料ダウンロード
資料の詳細情報はこちら


コンテンツマーケティング実践ガイドをダウンロードする

トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > コンテンツマーケティング
 > BtoBのWEBマーケティングはアドオンで考えよう。課題解決型サイト構築のすすめ

PAGE TOP