コンテンツマーケティングとは?メリット・成功するコツまで詳しく解説

コンテンツマーケティングとは?メリット・成功するコツまで詳しく解説

ワンマーケティングが考える「BtoBマーケティング」とは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを制作・発信することで、ユーザーとの信頼関係を構築し、商品購入などの成果につなげるマーケティング手法のことです。特に、BtoB企業にとって有効な手法です。

この記事では、コンテンツマーケティングが広まった理由やコンテンツマーケティングを行うメリット・デメリット、コンテンツマーケティングを成功させるためのコツなどを解説します。ぜひ自社のマーケティングに役立ててください。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することで、ユーザーをファン化し、商品購入などの行動につなげるマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングにはさまざま手段がありますが、その一つに「コンテンツSEO」があります。これは、ユーザーが求めている内容で、質の高いコンテンツを提供することで、検索エンジンで上位表示をさせ、Webサイトへの流入を増やすことが目的です。

コンテンツマーケティングが広まった理由

近年、コンテンツマーケティングに取り組む企業は急激に多くなりました。その理由を詳しく解説します。

ユーザーの広告離れ

コンテンツマーケティングに取り組む企業が増加しか理由の1つに、ユーザーの広告離れが挙げられます。インターネットやスマートフォンが普及する前は、消費者はマスメディアでしか情報を入手できなかったため、企業はテレビや新聞に広告を出せば、効果が出ていました。

しかし、インターネットやスマートフォンが普及した現在では、消費者が自ら検索して情報を入手できるようになり、他人のブログやSNSを参考に複数の商品を比較するようになったため、広告の効果が以前と比べ出づらくなっています。

Googleの評価を上げるため

多くのユーザーが自らインターネットで検索して商品について調べるようになると、企業は自社メディアが検索結果で上位表示されるよう、Googleの評価を上げる必要があります。近年、Googleの評価は、コンテンツの質を重視する傾向に変化してきています。

これまでは、被リンクの数を増やすことが上位表示されるための施策でしたが、なかには自作自演の被リンクで上位表示させるWebサイトもありました。しかし、現在はそういった施策は通用しないため、良質なコンテンツを制作することが重要です。

競争の激化

自社の商品・サービスに対して、興味・関心の高い顕在顧客を獲得するための競争は激化しています。

そのため、企業の業績を安定させていくという意味でも、まだ自社の商品・サービスを知らない潜在顧客の獲得を積極的に行っていくことが大切です。その手段として、潜在顧客の発見・育成ができるコンテンツマーケティングが有効です。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリットを4つ紹介します。

潜在的な顧客を育てられる

コンテンツマーケティングを実施することで、潜在的な顧客を発見・育成でき、購買につなげられます。広告などで認知拡大を図って潜在的な顧客を獲得できても、すぐに購買につながるケースはありません。なぜなら、顧客は企業や商品に対しての知識がほとんどなく、信頼度も低い状態だからです。

しかし、コンテンツマーケティングは検索意図に沿った有益なコンテンツを提供することで、顧客からの信頼度を上げることができ、顧客化までの接点を持つことができます。

コンテンツが資産として蓄積されていく

コンテンツマーケティングは、自社のWebサイトで発信したコンテンツがそのまま資産として蓄積されていきます。ページが上位表示されれば、検索エンジンから一定の流入数も見込めるでしょう。くわえて、コンテンツを制作する際にターゲットを明確に設定することで、質の高い見込み顧客の獲得にもつながります。

広告を出稿する場合、出稿をやめてしまえば流入は見込めなくなりますが、コンテンツは一度公開すれば残り続けるので、その点がメリットといえます。

コストパフォーマンスがよい

広告を出稿する際は、広告費が必要で、なおかつ掲載期間も決まっています。そのため、うまく集客できなければ、広告費が無駄になってしまいます。

コンテンツマーケティングは、Webサイトにコンテンツを蓄積できるので、コンテンツの数に比例して顧客との接点も増やせます。さらに、流入数や離脱率などを分析して、その都度コンテンツ内容を見直せるので、改善などの対応ができます。これらから、コストパフォーマンスが優れているといえるでしょう。

SNSで話題にされやすい

良質なコンテンツを制作できれば、SNSでシェアされ、話題になる可能性もあります。多くの口コミが生まれれば、Webサイトへの流入も見込め、売上向上にもつながります。そのため、コンテンツを制作したら、FacebookやTwitterなどのSNSに積極的に投稿することも大切です。投稿した内容をユーザーがシェアしてくれれば、想像以上の口コミ効果が生まれるかもしれません。

コンテンツマーケティングのデメリット

ここでは、コンテンツマーケティングのデメリットを解説します。

中長期的な継続が必要

コンテンツマーケティングは、中長期的な視点で継続していかなければいけません。Googleからの評価が上がり、検索順位に反映されるまでには、時間がかかるからです。まずは3カ月程度を目安に、アクセスが集まるまでコンテンツを増やし続けるようにしましょう。

また、良質なコンテンツ制作や、ユーザーの定期的な訪問を狙うのであれば、トレンドを考慮して記事を更新する必要があります。

コンテンツの制作に手間と時間がかかる

良質なコンテンツ制作には、手間と時間がかかります。具体的には、ペルソナ設定を行い、企画を立て、それをもとに記事を作成します。公開前には、記事の内容をチェックする必要もあります。

この工程を継続して行うためには、社内での体制作りが重要となります。例えば、企画チームや記事作成チームなど、担当の割り振りを行っておくとよいでしょう。

効果の予測がしにくい

コンテンツマーケティングは、効果の予測がしにくいデメリットがあります。BtoBの場合、Webサイトへのアクセスがある程度集まっても、その数値がそのまま商品・サービスの購入につながるとは限らないからです。そのため、KPIは商品・サービスの購入ではなく、例えば資料のダウンロード数などに設定することが好ましいでしょう。

コンテンツマーケティングを成功させる5つのコツ

コンテンツマーケティングを成功させる5つのコツを紹介します。

目標を明確にする

コンテンツマーケティングを始めるにあたって、まず明確な目標を設定する必要があります。例えば、商品・サービスの認知拡大が目的なのか、コンバージョンを増やすことが目的なのかで、コンテンツの内容が変わってくるからです。

目標を明確に決めないまま始めてしまうと、コンテンツに一貫性がなくなり、思うような成果を得られない可能性があります。事前に具体的な目標を決め、しっかりとチームで共有しましょう。

ペルソナを設定する

ペルソナとは、自社にとって理想のターゲット像です。ペルソナを設定することで、ターゲットユーザーを具体的にイメージでき、本質的なニーズをつかめます。

ペルソナを設定する際のポイントは、詳細まで具体的に落とし込むことです。例えば、性別や年齢だけでなく、家族構成や所得、性格、悩みなども設定します。詳細を決めることで、どのようなコンテンツが求められいて、どのように制作すればよいかの方向性もみえてきます。

的確なキーワードの選定

コンテンツマーケティングで自社のWebサイトにユーザーを呼び込むためには、キーワード選定が重要です。設定したペルソナにあわせて、的確にキーワードを選定する必要があります。

例えば、動画の作り方を知りたいユーザーをターゲットとしたとき、「動画 作り方」と検索することが予想できます。これを、コンテンツマーケティングのキーワードにします。このようにユーザーのニーズに沿ったキーワード選定を行うことで、自社のターゲットとなるユーザーをWebサイトに集められます。

良質なコンテンツの制作

キーワード選定まで終われば、いよいよコンテンツを制作します。制作するコンテンツは、ユーザーの検索意図に沿った内容で、閲覧後に知りたかったことやなんらかの課題が解決できるものでなければいけません。

良質なコンテンツを制作できれば、見込み顧客に新たな気付きを与えられるので、自社の商品・サービス、あるいはコンテンツを掲載しているサイトのファンになってくれる可能性も高くなります。

効果測定と改善のサイクル

コンテンツマーケティングでは、常にPDCAを回して改善を繰り返していく必要があります。PDCAを回すことで、「現状どんな課題があり、その課題解決のためにどのような改善が必要なのか」がみえてきます。

例えば、検索エンジンからの流入が少ない場合は、上位表示させるために内容をより充実させるなどしてコンテンツを改善します。コンテンツマーケティングを成功させるためには、常にさまざまな角度から定期的に見直しを行うことがポイントです。

BtoB企業にこそコンテンツマーケティングが有効

インターネットやSNSが普及した現在において、コンテンツマーケティングは取り組むべきマーケティング手法だといえます。BtoB企業にも有効ですが、成功させるためには蓄積されたノウハウや的確な効果検証スキル、リソースの確保が必要です。そのため、なかなかコンテンツマーケティングを始められない企業もあるのではないでしょうか。

「ワンマーケティング」では、それらの課題をすべて解決します。MA導入から設定、運用、コンテンツ制作までをトータルで支援します。適材適所で専門家の技術を活用できるので、これからコンテンツマーケティングを実施する企業はぜひご相談ください。

資料ダウンロードはこちら

マーケティング支援について

ワンマーケティングは、「案件創出」「売上の向上」という成功へ向かって、ひとつながりのマーケティングフローを構築。マーケティング戦略設計からMA導入・運用、セールス支援、コンテンツ制作まで統合的に支援しています。

マーケティング支援サービスの詳細を見る

BtoB企業が顧客を獲得するためのコンテンツマーケティング実践ガイド

多くのBtoB企業のマーケティング担当者が、自社のWebサイトに対して停滞感や行き詰まりを感じています。Webサイトを起点として、どのように顧客獲得に繋げていくのか?

この資料では、

  • 見込み客を獲得できるWebサイトの作り方
  • 見込み客のナーチャリング(育成)法
  • 見込み客の案件確度を見極める方法
  • 効果を検証・改善する方法

など、コンテンツマーケティングのノウハウや具体的な実践法について詳しく解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

コンテンツマーケティング実践ガイド

無料ダウンロードはこちら

その他のBtoBマーケティングに役立つ資料を見る

関連記事

法人営業&マーケティングのトランスフォーメーションに挑むオンラインカンファレンス