クッキー(Cookie)とは?削除方法や「Cookieを有効にする」方法など解説

クッキー(Cookie)とは?削除方法や「Cookieを有効にする」方法など解説

ワンマーケティングが考える「BtoBマーケティング」とは?

クッキー(Cookie)とは、Webサイトにアクセスしたユーザーに関する情報を保存する仕組みを意味します。Webサイトを閲覧しているときに、「Cookieを有効にする」といった表示を目にしたことがある人もいるでしょう。この記事では、クッキー(Cookie)について解説しています。仕組みを詳しく説明するとともに削除方法にも触れるため、ぜひ参考にしてください。

クッキー(Cookie)とは?

ここでは、クッキー(Cookie)の概要について説明します。

クッキー(Cookie)とは?

クッキー(Cookie)とは、Webサイトの訪問者の情報を一時的に保存するための仕組みであり、それぞれのユーザーの識別を目的としています。具体的には、IDや閲覧情報などを記録しておき、再びそのWebサイトを訪れた際にスムーズに情報を提供できるようにしています。クッキー(Cookie)はパソコンやスマートフォンに保存されますが、ファイルサイズが小さいため空き容量を減らす原因にはなりません。

クッキー(Cookie)の種類

クッキー(Cookie)は、2種類あります。それぞれの主な違いは発行元です。

1st party Cookie

実際に訪問しているWebサイトのドメインから発行されています。それぞれのWebサイトが独自に発行しているため、複数のWebサイトの横断はできません。また、同じWebサイトを再訪する場合でも、ブラウザが違えば過去の情報の呼び出しは不可能です。

3rd party Cookie

訪問しているWebサイトのドメイン以外から発行されるクッキー(Cookie)であり、Webサイト上に掲載されている広告のドメインから発行されています。複数のWebサイトやブラウザを横断してクッキー(Cookie)を発行できます。

確認方法

クッキー(Cookie)はブラウザから確認できます。たとえば、Chromeであれば、「Google Chromeの設定」から「設定」を選択し、「詳細設定」の「コンテンツの設定」を開くとクッキー(Cookie)の情報を表示できます。

キャッシュとの違いは?

キャッシュとは、一度表示したページの情報を一時的に保存するためのものです。キャッシュにより、同じページを再び開く際により速く情報を表示できるようになります。キャッシュはクッキー(Cookie)と混同されやすいですが、保存される情報の種類が異なっています。

危険性や問題点

危険性について

クッキー(Cookie)やキャッシュの仕組みそのものには、個人情報の漏洩といった危険性はありません。個人情報の漏洩は、主にウイルスによって引き起こされています。ただし、スマートフォンなどを紛失した場合、保存されている情報を不正利用される可能性はあるので、日頃からロックをかけておいたほうが安心です。

問題点について

広告によって取得されるクッキー(Cookie)からは、個人の趣向や属性の把握も可能です。Webサイトを閲覧すれば自動的に情報が収集されてしまうため、プライバシー保護の観点から問題があると判断されるケースも増えています。個人情報保護法の改正により、クッキー(Cookie)に対する規制が強化される動きもみられます。

クッキー(Cookie)の利用シーン

ここでは、クッキー(Cookie)の具体的な利用シーンについて紹介します。

ECサイト

カートに入っている商品やログイン情報を保存できます。一度ECサイトを閉じても、過去にカートに入れた商品がそのままになっていたり、ログインした状態が継続していたりするのは、クッキー(Cookie)のおかげです。この仕組みには、ECサイトからの離脱を防ぐ効果も期待できます。

フォーム画面

クッキー(Cookie)は、過去にWeb上で入力した情報も保存できます。フォーム画面でメールアドレスや電話番号を入力しようとすると、以前入力した内容が候補として出てくるのはこのためです。ユーザーは何度も同じ情報を打ち込む手間が省けて便利であり、Webサイト側も離脱を防止して利用者を増加させられます。

広告

広告の最適化にも、クッキー(Cookie)は役立てられています。ユーザーの情報をクッキー(Cookie)で把握すれば、その人が興味をもちやすい内容がわかるので、ターゲティング広告の表示に活用されています。また、過去にそのWebサイトに訪れたことがあるかどうかをチェックするリターゲティングも可能です。その場合もより効果的な広告を表示できます。

アクセス解析

クッキー(Cookie)を利用すれば単にPV数を数えるだけでなく、アクセス解析も可能です。一定期間内に訪問したユニークユーザーを計測したり、ページの遷移やセッション数について詳しく把握できたりします。自社のWebサイトのユーザーを分析できれば、より多くのアクセスを集めるための対策もしやすくなります。

キャッシュの内容を確認するには?

ここでは、キャッシュの内容を確認する方法について、ブラウザ別に紹介します。

Chrome

キャッシュはファイルとして保存されているので、該当するファイルを探す必要があります。Chromeのアドレスバーに「chrome://cache」と入力すれば、すぐにファイルを見つけられます。

Firefox

Firefoxのキャッシュに関する情報はパソコンのフォルダ内に保存されています。具体的には「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxx.default」の中にある「Cache」です。パソコンでフォルダ名を検索して探しましょう。

Internet Explorer

歯車のマークを選択し、「インターネットオプション」をクリックします。「全般」を開き、「閲覧の履歴」にある「設定」を押してください。すると「インターネット一時ファイル」タブが現れ、「現在の場所」にキャシュの保存先のパスが示されています。右下の「ファイルの表示」をクリックすると、実際にキャッシュが表示されます。

クッキー(Cookie)を削除するには?

ここでは、クッキー(Cookie)の削除のメリットやタイミングについて説明します。

削除のメリット

クッキー(Cookie)を削除すれば、個人情報やプライバシーに関する情報漏洩を防止できます。特に、他人とパソコンやスマートフォンを共有している場合は、削除しておいたほうが安心です。

削除のタイミング

不特定多数の人が使用できるパソコンは、完全に使い終わったときにクッキー(Cookie)を削除しましょう。使用する前にCookieの設定を確認しておくことも大切です。

クッキー(Cookie)の設定について

ここでは、クッキー(Cookie)の設定について説明します。

サーバーでの構成

クッキー(Cookie)の構成は、サーバーで設定できます。たとえば、クッキー(Cookie)の名称は「name」で設定します。「value」は値を示し、IDをもたせればブラウザの認識や訪問回数の記録も可能です。「name」と「value」については必ず設定が必要となっています。

他にもさまざまな設定が可能であり、「expires」ではクッキー(Cookie)の有効期限を指定できます。「domain」はクッキー(Cookie)を発行するドメインを意味しており、一部のドメインのみで発行したい場合に設定するといいでしょう。

「path」では、クッキー(Cookie)を発行するパスを設定できます。「secure」を設定すれば、SSLを実装している安全なWebサイトだけでクッキー(Cookie)を発行できます。

削除(消去)方法

Chromeの場合、右上の設定のアイコンをクリックし、「その他のツール」の中にある「閲覧履歴を消去」を選択します。「Cookieなどのサイトデータやプラグインデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、「閲覧履歴データを消去する」を押すと削除されます。

スマートフォンでの削除方法

Chromeなら、設定画面で「閲覧履歴データを消去する」をクリックすると、パソコンと同じ手順で削除できます。Internet Explorer 11であれば、「ツールボタン」から「インターネットオプション」を選択し、「全般」の中にある「削除」をクリックします。次に表示される画面で「cookieとWebサイトデータ」にチェックを入れ、「削除」を押します。

有効|無効にする方法

Cookieを有効・無効(ブロック)にする方法

Chromeの右上にあるアイコンから「設定」を選び、「プライバシーとセキュリティ」の「サイトの設定」を選択したら、「Cookie」をクリックします。クッキー(Cookie)を有効にしたい場合は、「ブロック中」の隣に表示されているスイッチをオンにしてください。無効にしたい場合は、「サイトに Cookie データの保存と読み取りを許可する」の設定をオフにします。

スマートフォンで「Cookieを有効にする」場合

iPhoneでChromeアプリを使用している場合、クッキー(Cookie)は自動でオンになっています。Androidの場合は、Chromeアプリの右上に表示されているアイコンから「設定」を選び、「サイトの設定」から「Cookie」を押すとクッキー(Cookie)を有効にできます。

まとめ

クッキー(Cookie)にはさまざまな情報が記録されており、その情報は便利に利用できます。ただし、個人情報を含んでいるため、慎重に扱う必要があるでしょう。BtoBマーケティングを成功させたいなら、蓄積されたノウハウやスキルの活用がポイントとなります。しかし、リソースを確保できないケースなどがネックとなっている場合も多いです。

MA(マーケティングオートメーション)導入支援などを行っている「ワンマーケティング」なら、そういったビジネス上の課題を解決へと導けます。まずはノウハウが詰まった資料をダウンロードしてみてください。

資料ダウンロード

マーケティング支援について

ワンマーケティングは、「案件創出」「売上の向上」という成功へ向かって、ひとつながりのマーケティングフローを構築。マーケティング戦略設計からMA導入・運用、セールス支援、コンテンツ制作まで統合的に支援しています。

マーケティング支援サービスの詳細を見る

BtoBマーケティングスタートアップガイド
リード(見込み客)の集め方、育て方と効果を最大化させる
マーケティングフローの作り方

BtoB企業を取り巻く環境の変化に伴い、顧客獲得に向けたマーケティング戦略が必要不可欠になっています。
なぜマーケティングが重要なのか?どのようにマーケティングの仕組みを構築するのか?

この資料では、

  • BtoB企業にマーケティングが必要な理由とその背景
  • BtoB企業に共通してみられる課題と解決方法
  • 獲得したリード(見込み客)を活用するためには?
  • BtoB企業のマーケティングの仕組みとは?

などBtoB企業の課題とマーケティングの仕組みについて詳しく解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

BtoBマーケティングスタートアップガイド

無料ダウンロードはこちら

その他のBtoBマーケティングに役立つ資料を見る

関連記事

法人営業&マーケティングのトランスフォーメーションに挑むオンラインカンファレンス