CTAとは?改善策や成功事例などわかりやすく解説

CTAとは?改善策や成功事例などわかりやすく解説

ワンマーケティングが考える「BtoBマーケティング」とは?

CTAとは、Webサイトを訪問したユーザーに対する行動喚起のことです。この記事では、マーケティングの初心者向けに、CTAの概要や改善策について詳しく説明します。具体的なCTAの成功事例にも触れるので、マーケティングの知識を深めるためにぜひ参考にしてください。

CTA(Call To Action)とは?

CTAとは、Webサイトの訪問者の行動を促すために掲載する画像や文章のことです。「Call To Action」を略した言葉で、直訳すると「行動喚起」となります。具体的には、Webサイト上の問い合わせボタンや、申込みページのリンクの掲載などです。効果的にCTAを設置することで、ユーザーに対して自社が意図する行動を促す仕組みです。

CTAの設置例

CTAとしては、たとえば「問い合わせ」「資料請求」「会員登録」などさまざまな項目を設置できます。それぞれユーザーが気づきやすい場所に設置すれば、コンバージョンに至る確率も高められます。最近はスマートフォンを利用する人が増えているため、スマートフォン向けのWebサイトにおけるCTAの設置場所にも配慮することが大切です。

CTAが重要である理由

CTAが重要なのは、Webサイトにおけるコンバージョンを達成するための導線になるからです。CTAがなければ、仮にユーザーが自社のサービスや商品に興味をもっていても、そのままWebサイトから離脱する可能性が高まるでしょう。CTAを設置すれば、ユーザーはそれを経由してさまざまな行動を起こしてくれる可能性が高まります。

CTA設置に関する注意ポイント

CTAはページの内容やユーザーの導線にあわせて設置場所や数を決める必要があります。むやみにCTAを設置すると、ユーザーにとって煩わしく感じられてしまいます。
また、CTAを設置したら、必ず効果測定を行いましょう。CTAがどの程度コンバージョンに貢献しているかを明らかにし、より高い効果を発揮できるように改善することが大切です。

CTAの改善方法

CTAは状況にあわせて改善していく必要があります。ここでは、具体的なCTAの改善方法を説明します。

文言を工夫する

希少性に関する文言

コンバージョンにつなげやすくするには、CTAに希少性をプラスすると効果的です。たとえば、「期間限定」や「数量限定」などの表示があれば、ユーザーの行動を促せます。また、CTAの表現に「今すぐ」という表現を加えるだけでも、ユーザーの行動に対する後押しになります。

適切な場所に設置する

CTAを設置する場所によっても、コンバージョンに至る確率は変化します。一般的に、CTAはWebサイトのヘッダーやフッターにボタンを設置したり、記事の途中や最後にリンクを入れたりするケースが多いです。CTAの種類や内容に合わせ、ユーザーがスムーズにクリックできる場所に設置する必要があります。

選択肢は少なめにする

CTAを設置する場合、選択肢の数は少なめにすることが大切です。選択肢が多いと、意欲の高いユーザーでも行動を躊躇する可能性が高まります。また、導線がわかりにくくなって混乱が生じ、コンバージョンまでたどり着けなくなる恐れもあります。あらかじめ優先順位を明確にしておき、重要なCTAを目立たせましょう。

ターゲットごとに違うCTAを用意する

確実にコンバージョンへつなげるには、それぞれのターゲットにあわせて異なるCTAを設置する必要があります。たとえば、情報収集が目的の方には「資料ダウンロード」、参考までに話を聞きたい人に対しては「相談」、今すぐ商品やサービスを購入したい人に対しては「見積り」などのCTAを設置すると効果的です。CTAごとに色分けをすれば、ユーザーは自分の目的に応じたボタンを迷わず選択できます。

ユーザーにとってのハードルを下げる

ユーザーの行動を促すには、ハードルを下げることが重要です。たとえば、「相談する」ではなく「まずは相談してみる」といった表現にするだけでも、気軽に問い合わせができる雰囲気を与えられます。ユーザーの気持ちを考慮し、行動に移しやすい状況を作ることを心がけましょう。

効果的なデザインを取り入れる

CTAからコンバージョンが発生するかどうかは、デザインにも左右されます。なぜなら、デザインによってユーザーに与える印象も大きく変化するからです。CTAの効果を高めるには、ユーザーがついクリックしたくなるようなデザインを取り入れることが大切です。

ボタンのデザイン変更

CTAのボタンは色や形などデザインも工夫しましょう。たとえば、Webサイト内の他の部分で使用していない色を使えば、ユーザーの目にとまりやすくなります。また、グラデーションをつけると、ボタンをより目立たせられます。なお、過度なセールスだという印象を与えないためには、ボタンはあえてフラットで平面的な形にしたほうがいいでしょう。

固定表示

CTAのボタンはヘッダーやフッターに固定表示しておきましょう。固定表示しておけばユーザーがボタンをみつけやすくなり、実際にアクションを起こしたいと思ったときにすぐクリックできます。その結果、機会を逃さず着実にコンバージョンにつなげられます。

マイクロコピーを取り入れる

マイクロコピーとは、キャプションのようにボタンの内容をわかりやすく説明する文言です。CTAボタンの上下にマイクロコピーを設置すると、ユーザーのクリックを促しやすくなります。ボタンをクリックするとどのようなメリットがあるのか端的に説明しましょう。加えて、背景色をつければ、ボタンとともに目立たせることが可能です。

ユーザーに求める行動を明確にする

CTAボタンでは、ユーザーに求める行動をひと目でわかるように示す必要があります。具体的には、行動を喚起する文言にアイコンを加えると、ユーザーに対してより訴求しやすくなるでしょう。たとえば、右向きの三角や矢印を使用するケースがよく見られます。誰がみてもすぐに意味が理解できるアイコンを選ぶことが大切です。

CTAの実例|成功事例を紹介

CTAはさまざまなWebサイトで活用されています。ここでは、CTAの活用が成功している事例について紹介します。

オバマ元大統領の献金サイト

オバマ元大統領の献金サイトでは、CTAの工夫により日本円で約60億円の資金を集めました。具体的には、CTAボタンを表示するページに家族写真を掲載し、親近感が湧く温かい雰囲気にしています。また、CTAボタンの文言は「もっと見る」とし、気軽にクリックできるようにしました。

Spotify

音楽を配信するSpotifyは、CTAボタンの色分けにより多くのコンバージョンを獲得しています。Webサイト上には複数のリンクが設置されていますが、有料の会員登録のボタンに目立つ色を使うことで強調しています。それにより、有料でしっかり音楽を楽しみたいユーザーを着実に誘導しているのです。

Amazon

Amazonは、ユーザーに起こしてほしいアクションをCTAで表現しています。たとえば、商品ページでは「カートに入れる」と「今すぐ買う」のボタンがあり、それぞれ色やアイコンをわけて見やすくしています。また、書籍については商品画像のすぐ上に「試し読み」のリンクを表示し、購入につなげるための工夫をしていることも特徴的です。これらの工夫により、たくさんの人が商品の購入に至っています。

Netflix

映画やドラマをストリーム再生するサービスのNetflixでは、「30日間の無料体験を始める」というCTAボタンを目立たせることで多くのユーザーを獲得しました。「いつでもキャンセルOK」というマイクロコピーを添えることで、ユーザーが気軽に試したくなる状況を作り出しています。

Slack

ビジネス向けのチャットツールであるSlackは、CTAを定番の位置に置くことで着実にコンバージョンにつなげています。具体的には、ヘッダーの右上やコンテンツの下部に同じ色で統一したCTAボタンを設置しています。Webサイトを開き、実際に利用してみたいと思ったユーザーがスムーズに会員登録できる導線です。

まとめ

Webサイト上から確実にコンバージョンを得るには、CTAの活用が重要です。効果が出やすい配置やデザインはある程度決まっているので、実際に配置して効果を測定しながらさらに改善を加えましょう。

マーケティング支援について

ワンマーケティングは、「案件創出」「売上の向上」という成功へ向かって、ひとつながりのマーケティングフローを構築。マーケティング戦略設計からMA導入・運用、セールス支援、コンテンツ制作まで統合的に支援しています。

マーケティング支援サービスの詳細を見る

BtoBマーケティングスタートアップガイド
リード(見込み客)の集め方、育て方と効果を最大化させる
マーケティングフローの作り方

BtoB企業を取り巻く環境の変化に伴い、顧客獲得に向けたマーケティング戦略が必要不可欠になっています。
なぜマーケティングが重要なのか?どのようにマーケティングの仕組みを構築するのか?

この資料では、

  • BtoB企業にマーケティングが必要な理由とその背景
  • BtoB企業に共通してみられる課題と解決方法
  • 獲得したリード(見込み客)を活用するためには?
  • BtoB企業のマーケティングの仕組みとは?

などBtoB企業の課題とマーケティングの仕組みについて詳しく解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

BtoBマーケティングスタートアップガイド

無料ダウンロードはこちら

その他のBtoBマーケティングに役立つ資料を見る

関連記事

法人営業&マーケティングのトランスフォーメーションに挑むオンラインカンファレンス