ムーアの法則とは?与えた影響や未来予測までわかりやすく解説

ムーアの法則とは?与えた影響や未来予測までわかりやすく解説

ワンマーケティングが考える「BtoBマーケティング」とは?

マーケティングに携わっている人の中には、ムーアの法則という言葉を聞いたことがある人もいるではないでしょうか。ムーアの法則とは、ゴードン・ムーア氏が提唱した「半導体の性能は18か月で2倍になる」という半導体業界の経験則です。この記事では、ムーアの法則とは何か、マーケティングへの影響などについて解説します。ぜひ参考にしてください。

ムーアの法則とは

ムーアの法則とは、「半導体の性能が18か月で2倍になるという」経験則で、1965年ゴードン・ムーア氏が提唱しました。「18か月で2倍」という目安は、競合との競争に勝つために達成すべき目標値へと変化し、半導体産業のガイドラインともなりました。

ムーアの法則通りに、半導体技術は進化を続け、小型化が進みました。近年では、小型化も限界に近付きつつあり、開発の難易度がたかまったことから、ムーアの法則の限界も語られるようになりました。

ゴードン・ムーア氏とは

ゴードン・ムーア氏は、インテルの共同創業者として広く知られています。1968年にアンディ・グローブ氏とともに、インテルを設立し、ムーアの法則の提唱者として有名になりました。1954年にはカリフォルニア工科大学で化学と物理の博士号も取得、半導体技術の開発を続けた。

ムーアの法則の公式

ムーアの法則の公式は以下のとおりです。

P=2のn/1.5乗(Pは倍率、nは年数を表します)

1.5年後(18か月)半導体の性能は、P=2の1.5/1.5乗=2となります。公式にあてはめ計算すると、2年後には2.52倍、10年後には101.6倍、20年後には10,321.3倍となります。倍率の上昇率が加速度的に大きくなっていくことがわかります。

ムーアの法則の技術的な側面

ムーアの法則とは、どういったものなのか、技術的な側面について解説します。

半導体の性能が18ヶ月で2倍

ムーアの法則では、半導体の性能が18ヶ月で2倍であることが提唱されています。具体的には、半導体の集積率が2倍になることであり、同じ面積の半導体上のトランジスタ素子の数が2倍になることを表します。半導体の集積率の向上で、半導体の微細化・高速動作・低電力化が実現しました。

半導体のコストが18ヶ月で半分

半導体の集積率が倍増することで、半導体のコストが半減します。同じ面積で2倍のトランジスタ素子が作れるということは、集歴率が倍増する以前と同レベルの性能を持つ半導体が2個作れるということを意味します。同じ材料で2倍の半導体が作れるため、コストは半減します。

ムーアの法則のマーケティングの側面

ムーアの法則のマーケティングに関わる側面について解説します。

PEST分析に影響

ムーアの法則は、マーケティング戦略を立てる際に行うPEST分析の(T)に影響を与えています。PEST分析とは、Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの頭文字をとったものです。自社を取り巻く4つの要因を分析することで、自社の戦略を立案します。半導体性能の急速な進展は、IT技術の進歩にも関わることであり、技術要因となります。

収集可能なデータ量が増える

半導体の性能が向上したことで、収集可能なデータ量が増加しました。ムーアの法則が、長い間半導体技術開発の指針であり続けたことで、半導体産業は大きな発展を遂げました。半導体技術の進歩により、パソコンを代表とするデバイス機能の進歩により、さまざまなマーケティングが可能となってきています。

ビックデータ解析が可能に

半導体性能の向上したことで、収集されたビッグデータの解析が可能となりました。ビッグデータを解析するためには、高速に処理できる、大容量のメモリが必要となります。ムーアの法則に従い、半導体の開発が進んだことで、企業に蓄積されたデータを分析し、マーケティングへの応用が可能となりました。

人工知能・クラウド・マーケティングオートメーションなどの開発は、ムーアの法則に従い、競うように開発された半導体産業の上で成り立っているとも言えます。

ムーアの法則の主なデバイスへの影響

ムーアの法則が影響を与えた主なデバイスについて解説します。

MPU(マイクロプロセッサ)

MPU(マイクロプロセッサ)は、半導体チップであり、演算などパソコン内でさまざまな処置を行なう一部品で、CPUとも呼ばれます。インテルが、電卓用に開発したものが、世界初のMPUです。ムーアの法則に従い、半導体技術は進化し続け、小型化・高速化・低電力化されました。

GPU(Graphics Processing Unit)

GPU(Graphics Processing Unit)も、半導体チップであり、画像処理に必要な演算処理が行なえます。3D画像を多用するゲームソフトの出現により、急速に開発が進みました。近年では、ディープラーニングなどの膨大なデータ処理にも活用できるとして、注目を集め評価が高まっています。

ムーアの法則による具体的な影響

ムーアの法則により、具体的にどのような影響があるのについて解説します。

半導体技術の進歩

ムーアの法則は、半導体技術の性能向上の経験則を表しています。半導体技術が飛躍的に進歩したことにより、現在広く普及し、さまざまなデバイスで楽しめるAR(拡張現実)やVR(仮想現実)といった技術の開発につながりました。また、AI(人工知能)技術の開発や進化も可能にしています。

スマートフォンやパソコンが身近に

半導体が高性能化し、コストダウンを実現した結果、パソコンやスマートフォンなどのハイテク機器の低価格化が可能になります。手に入れやすい価格まで下がったことにより、多くの人が使用しやすい環境が作られ、一般に広く普及しました。身近に使用できるものになったことで、生活の利便性が向上しています。

「ムーアの法則」の未来予測

ムーアの法則に対しては、さまざまな意見が存在します。ムーアの法則に対する見解の未来予測を紹介します。

「ムーアの法則」は終わったとする見解

「ムーアの法則」は、終わったとする見解があり、2021年には、通用しなくなるとも言われています。タブレットやスマートフォンなどのモバイル機器に搭載される半導体チップは、最小化が進み、限界に達したとも言われています。ムーアの法則は、チップ面積の最小化と性能向上を目指してきたため、さらなる性能向上が難しいと考えられています。

「ムーアの法則」は終わっていないとする見解

ムーアの法則はまだ終わっていないという見解もあります。インテルのシリコンエンジニアリング担当上級副社長であるジム・ケラーは、「ムーアの法則」の限界論に異を唱えています。
トランジスタのレイヤー化、チップの積み重ねなどの技術により、最小化・低消費電力化に取り組む意図を表明しています。

まとめ

ムーアの法則は、半導体の性能が18か月で2倍になるという経験則であり、この法則を指標にして、半導体開発が進められてきました。半導体の進歩により、IT技術が革新的に進歩を遂げ、近年では、ビッグデータの解析も可能となっています。ビッグデータの解析は、マーケティングとの関係が深く、MAツールなどの開発にも影響を与えています。

ワンマーケティングなら、それらの課題を解決できます。MA導入支援やコンサルティング、MA運用に必要なMA設定やSEO対策に有効なコンテンツ制作までサポート可能です。ノウハウの詰まった資料の配布も行っているので、参考にしてください。

ホワイトペーパーダウンロード

マーケティング支援について

ワンマーケティングは、「案件創出」「売上の向上」という成功へ向かって、ひとつながりのマーケティングフローを構築。マーケティング戦略設計からMA導入・運用、セールス支援、コンテンツ制作まで統合的に支援しています。

マーケティング支援サービスの詳細を見る

BtoBマーケティングスタートアップガイドVer.2.0

マーケティング初学者から上級者までオススメできる、BtoBマーケティングスタートアップガイドの完全版です!
本資料では、BtoBマーケティングの仕組み作りに欠かせない基礎的な考え方を、3つのポイントに分けてわかりやすく解説しております。

この資料では、

  • これからBtoBマーケティングに取り組んでいきたい
  • BtoBマーケティングの仕組みを構築したい
  • 組織の生産性を改善したい
  • マーケティングオートメーションの仕組みについて
     詳しく知りたい

上記に当てはまる方は必見の内容となっておりますので、ぜひご一読ください。

BtoBマーケティングスタートアップガイドVer.2.0

本資料が、御社のマーケティング活動の一助となれば幸いです。

無料ダウンロードはこちら

その他のBtoBマーケティングに役立つ資料を見る

関連記事