トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > 見込み客獲得
 > 実践!コンテンツマーケティングの始め方① 書くことが次々に見つかる 3つのステップ

実践!コンテンツマーケティングの始め方① 書くことが次々に見つかる 3つのステップ

2014/02/24

Author:久岡 崇裕/parks

実践!コンテンツマーケティングの始め方① 書くことが次々に見つかる 3つのステップ

これからの時代のBtoBマーケティングにおいて、WEBから見込み客を獲得する仕組みを構築することは欠かせない要素の1つだ。仕組みを構築する上でのコンテンツの重要性、コンテンツマーケティングに取り組むべき理由については過去の記事でも述べたが、現状、BtoB領域の専門的なコンテンツはWEB上にまだまだ多いとは言えないのが実際のところだ。
マーケティングによる案件創出が求められ始めている今、見込み客を継続的に呼び込むためのコンテンツを制作するにはどうすればいいのか?
今回は、コピーライターとして多くの企業コンテンツを制作されてきた、parks代表の久岡崇裕氏にブログやメルマガに書くテーマを導き出すための 3ステップをご紹介いただいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実践!コンテンツマーケティングの始め方②伝わる文章を書くための 4つの作法

実践!コンテンツマーケティングの始め方③ブログコンテンツを情報資産として活用する方法

はじめに

インバウンドマーケティングを実現するためには、見込み客を引きつけるコンテンツがとても重要な役割を持ち、「コンテンツマーケティング」という考え方が日本でも広がりつつあります。
ブログやメールマガジン、 SNSを活用した継続的なコンテンツ配信は、顧客との接点を保ち続ける有効な手段であり、新規顧客を WEBから呼び込む資産として蓄積されていきます。
しかしながら、「書くことが見つからない」「みんな忙しく手間がかかることは避けたい」と、コンテンツ発信に踏み切れない企業も多いようです。見方を変えれば、まわりが躊躇している今こそ、コンテンツマーケティングにはチャンスがあると言えます。
さまざまな企業のコンテンツ制作をお手伝いさせていただいてきた経験から、コンテンツテーマを簡単に導き出すための 3つのステップをご紹介します。

STEP1
読んでもらう相手はどんな人か、イメージする。

広告コピーの世界ではよく、「創造力よりも想像力が大事」だと言われます。自分が伝えたいことを表現する力よりも、伝える相手の気持ちを考える力のほうが大切だと。ブログなどのコンテンツ制作においても、まず読者(ターゲット)を具体的に想定することが第一歩となります。

相手の年齢は? 業界は? 職種は?
会社の中でのポジションは? 仕事で困っていることは?
普段どんな雑誌や WEBサイトを見ているか?

こうした人物像をなるべく具体的に書き出してみます。すると、相手がどんな情報に興味を持ちそうか、どの程度の専門用語なら通じるか、さらには、どんな言葉づかいで書くのがふさわしいかなど、コンテンツの像が自ずと見えてきます。
スピーチでも、大勢に向かって話すよりも、たった 1人に向けて語りかける方が、多くの人々の心に届くと言われています。

STEP2
自分が伝えたいことの中にある、相手が知りたいことを探す。

自社の製品やサービスの魅力を知ってもらいたい。誰しもがそう願っているはずです。しかし、自分が伝えたいことを書き並べるだけでは、一方的な押しつけ、押し売りに思われてしまい、多くの読者は離れてしまいます。
コンテンツマーケティングでは、「相手が知りたい情報を提供する」ことが大原則。まわり道に思われるかもしれませんが、相手に役立つノウハウや情報を惜しみなく、継続的に提供することで、相手はあなたの会社のサイトを有益な、自分にとって役立つサイトだと考えるようになるのです。
相手が読みたくなるテーマを見つけるために、まずは自分が伝えたいこと、つまり、製品やサービスの特徴などを書き出してみてください。次に、その中に読者の抱える課題を解消したり、欲求を満たしたりできることがないかを探してみてください。

「時間をうまく使いたい」
「売上を伸ばしたい」
「会議を早く終わらせたい」
「仕事でミスをなくしたい」
「育児と仕事を両立させたい」
「上司や部下に認められたい」

など、読者のニーズに引っかかった部分は、コンテンツの切り口となる可能性があります。

STEP3
1つの記事につき、1テーマに絞る。

コンテンツを組み立てていくとき、せっかくお客様に読んでいただくのだから、この機能も紹介したい、あのサービスのことも言っておきたいと、ついいろいろと盛り込みたくなるものです。しかし、そこはグッとこらえて、 1記事1 テーマに絞るのが鉄則。あれこれ伝えようとするほど、結局何が言いたいかわからない伝わりにくい記事になります。

また、忙しい仕事の合間に読んでもらうことを考えた場合、長くても 3〜5 分で読めるボリュームにまとめた方が読んでもらいやすくなります。もし、他にも書きたいことが見つかった場合は、それは次の記事のテーマにしましょう。そうして更新頻度をあげたほうが、コンテンツの価値は高まります。

他のさまざまな業務と同様、コンテンツ発信にも PDCAサイクルによる改善が大切です。案ずるよりも、まずは実行することが肝心。ブログやメルマガを発信し、その効果を見極め、改善を加えていくことで、真に魅力的なコンテンツができていきます。

まとめ

1
誰に向けて書くかを決めれば、書くことは自然と絞り込まれ、その内容が相手に伝わる確度も高くなる。
2
製品やサービスの中に、読者の課題解決や欲求につながるものがないかを探す。それがコンテンツの切り口になる。
3
伝えたいテーマを 1つに絞り、読者が仕事のすきま時間にサクッと読めるボリュームにまとめる。

BtoB企業が顧客を獲得するためのコンテンツマーケティング実践ガイド2016度最新版

多くのBtoB企業のマーケティング担当者が、自社のWebサイトに対して停滞感や行き詰まりを感じています。Webサイトを起点として、どのように顧客獲得に繋げていくのか?

この資料では、

  • 見込み客を獲得できるWebサイトの作り方
  • 見込み客のナーチャリング(育成)法
  • 見込み客の案件確度を見極める方法
  • 効果を検証・改善する方法

など、コンテンツマーケティングのノウハウや具体的な実践法について詳しく解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

コンテンツマーケティング実践ガイド

無料ダウンロードはこちら

企業の売上に貢献するBtoBマーケティングソリューションツール『mabot』


BtoB企業マーケティング担当向け お役立ち資料ダウンロード
資料の詳細情報はこちら


コンテンツマーケティング実践ガイドをダウンロードする

トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > 見込み客獲得
 > 実践!コンテンツマーケティングの始め方① 書くことが次々に見つかる 3つのステップ

PAGE TOP