トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > 見込み客獲得
 > 8か月でWEBサイトへの訪問数477%増加。BtoB企業サイトでの集客方法とは?

8か月でWEBサイトへの訪問数477%増加。BtoB企業サイトでの集客方法とは?

2014/04/17

Author:方城友子/ワンマーケティング株式会社

8か月でWEBサイトへの訪問数477%増加。BtoB企業サイトでの集客方法とは?

多くのBtoB企業では「WEBサイトへの集客が伸びない」「WEBサイトからの新規顧客獲得は難しい」と考えているのではないだろうか。
弊社では、ある取り組みを行い、8か月間でWEBサイトへの訪問数を477%増加させた。その間、リスティング広告は全く行っていない。
そして、WEBサイトへの集客増加に伴い、新規顧客からの問い合わせも増加している。
今回はその施策と有効性について、説明したいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業WEBサイトへの集客。現在の施策は妥当なのか。

過去インバウンドマーケティングに関する記事にも記載したように、WEB上に無数ある情報の中で、見込み客からどう見つけてもらうかはBtoB企業の集客において大きなポイントである。

集客の方法として「リスティング広告」もしくは「SEO対策」などがあるが、多くのBtoB企業では、成功したとは言い難い状況ではないだろうか。
弊社でも WEBサイトへの集客に関するお問い合わせをいただくことが多く、このところ「リスティング広告の効果が感じられない」との声を聞く。だが、それ以外の手段がないために、そのまま運用を続けている企業が多い。

また、BtoB企業サイトは、製品・サービス紹介や会社概要などを掲載したカタログのようなサイトが多く、検索からの流入は「会社名」「サービス名」が大半である。これでは、既存顧客やサービス名を認知している企業がWEBサイトへ訪問してくることはあっても、それ以外の層からの集客は不可能であろう。

限られた予算の中、多くの見込み客に見つけてもらうためにはどうしたらいいのだろうか?

見込み客はWEB上で何を探しているのか。

そもそも、見込み客はBtoB企業を探しているのではなく、自身が抱えている問題・課題を解決するために、必要な製品・サービス、またはその情報を探している。

弊社では、見込み客が必要としている「問題・課題が解決できるような情報」をテーマにブログコンテンツを作成・更新している。つまり、見込み客が欲している情報をWEBサイトに提供し、新規見込み客の集客を可能にしているのだ。

購入する製品・サービスが定まっていない見込み客は、多種多様な問題を抱えている。また、より多くの見込み客を獲得するためには、現在、顕在化していない将来の問題・課題を予測したキーワードで情報を提供することが必要だ。

情報の公開にブログ形式が望ましい理由は、一つひとつの記事で、この見込み客の必要としているキーワードを掘り下げ、配信できることにある。更に、見込み客の心に刺さるコンテンツを生み出すことができれば、過去のブログ記事であっても多くの訪問客を集客することが可能なのだ。

実際、弊社のブログ『BtoBマーケティングラボ』内で先月、訪問数がもっとも多かったコンテンツは、昨年の9月に掲載した以下の記事である。

真の有効回答を導き出す方法! 展示会のアンケート設計における重要な3つのポイント

このコンテンツのターゲット、キーワードと見込み客が必要としている問題・課題は以下となる。

このように、予算を使い切ってしまうと表示されない「リスティング広告」とは違い、ブログコンテンツは企業WEBサイト内に資産として残すことができる。

見込み客のニーズを把握するのは一見、難しいようにみえるが、手がかりはいくつかある。それは、見込み客が検索すると思われるキーワードを探し出し、そのキーワードを検索する見込み客にとって有益な情報に焦点を絞り、記事を作成すれば良いのだ。

また、ブログ開始後に新規の見込み客がどんなキーワードで流入しているかを確認し、新しいテーマを見つけることもできるだろう。

ブログコンテンツ開始後、何が変わったのか。

弊社では2013年7月より、この『BtoBマーケティングラボ』にて、ブログ形式でBtoBマーケティングに関する情報やノウハウ、事例などを紹介している。

このブログを開始する前と現在を比較すると、WEBサイトへの訪問者数は477%、PV数は1113%、増加している。他にも、全体の直帰率は26.53%下がり、平均滞在時間は2分16秒増加した。

また、ブログ開始前の、流入の検索キーワードでは「会社名」が大きな割合を占めていたのに対し、現在は「目的・課題解決(キーワード例:新規顧客獲得)」での流入が増加し、「会社名」の流入と比べると2.36倍となった。

更に、これまでに2056個のキーワードでの流入を確認している。

以上の数値が示すように、弊社ではブログでの情報発信により、多種多様な見込み客の集客に成功していると言える。

まとめ

顧客課題にあったブログコンテンツを配信すればSEO対策になり、かつ潜在課題をもつ見込み客を獲得することが可能だ。
既にBtoB企業では、専門性の高い技術や業界の詳しい情報を持っている。
その情報を元に潜在層の見込み客が求めているコンテンツを制作してみては、どうだろうか。

BtoB企業が顧客を獲得するためのコンテンツマーケティング実践ガイド2016度最新版

多くのBtoB企業のマーケティング担当者が、自社のWebサイトに対して停滞感や行き詰まりを感じています。Webサイトを起点として、どのように顧客獲得に繋げていくのか?

この資料では、

  • 見込み客を獲得できるWebサイトの作り方
  • 見込み客のナーチャリング(育成)法
  • 見込み客の案件確度を見極める方法
  • 効果を検証・改善する方法

など、コンテンツマーケティングのノウハウや具体的な実践法について詳しく解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

コンテンツマーケティング実践ガイド

無料ダウンロードはこちら

企業の売上に貢献するBtoBマーケティングソリューションツール『mabot』


BtoB企業マーケティング担当向け お役立ち資料ダウンロード
資料の詳細情報はこちら


コンテンツマーケティング実践ガイドをダウンロードする

トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > 見込み客獲得
 > 8か月でWEBサイトへの訪問数477%増加。BtoB企業サイトでの集客方法とは?

PAGE TOP