BIツールでできること|導入のメリット・選ぶポイントなど徹底解説

BIツールでできること|導入のメリット・選ぶポイントなど徹底解説

ワンマーケティングが考える「BtoBマーケティング」とは?

BIとは、企業に蓄積したデータを分析して、経営上の意思決定に役立てる手法のことです。自社に蓄積したデータを上手に活用したいと考える人は多いです。この記事では、BIを実践するために導入すると良いとされているBIツールについて解説します。BIツールでできることなどを理解し、経営戦略を立てる際に役立ててください。

BIとは?

BIとはBusiness Intelligence(ビジネスインテリジェンス)の略語です。企業に蓄積された膨大な量のデータを収集・分析して可視化することで、現在と過去のデータを経営上の意思決定に活用する手法です。

BIが企業にとって重要な理由

BIを上手に活用することで、優れた意思決定が行えるようになるため、企業の注目が高まっています。蓄積されたデータを基に、顧客のニーズを把握し、売上向上をめざせるなど、ビジネスのさまざまな面における向上が可能となります。

BIツールとは?

BIツールとは、企業が蓄積しているデータを集計・分析するツールです。部署ごとに蓄積されたデータなど、企業内で散見するデータを集約し分析し、可視化できます。

BIツールでできること

BIツールでできることは、企業に蓄積されたデータを集計し、その中から必要なデータのみを抽出し、レポート化することです。経営・財務・営業・売上の分析では、売上推移や売上データのシミュレーションなどが行えます。

市場分析では、販売額の予測などが行え、労務・人事分析では、勤務年数・残業時間などの従業員情報が可視化できるなど、さまざまな分野で活用できます。

BIツールの4つの機能

大きく分けて4つあるBIツールの機能を解説します。

データ抽出

BIツールにはデータを発掘するデータマイニング機能があります。統計学や人工知能、情報処理技術などを活用し、多くのデータから必要なデータを抽出、手動では見つけられない予測やパターンなどの発見が迅速に行えます。

データ分析

BIツールにはデータの分析機能があります。予算と実績を比較する予実分析、商品・顧客などをランク分けし比較するABC分析、在庫数・回転数などを把握するための在庫分析などがあります。部門別・担当者別・顧客別・季節別など、さまざまな角度から分析します。

データの可視化

BIツールにはデータの可視化機能があり、レポート作成やダッシュボードの利用ができます。レポート作成ではデータを集約・集計したデータのグラフ化ができ、ダッシュボードは分析・データマイニングの結果や作成されたレポートなどが見られます。

将来数値の予測

BIツールにはシミュレーション機能があり、大量のデータを活用し仮説や検証が行えます。売上や収益などの予測が可能となり、この結果を基に、マーケティング戦略を立てられます。

Excelとの違い

BIはExcelと大きく異なる点は、大量のデータに対応できることです。Excelでは大量のデータを処理する際に大変時間がかかりますが、BIでは高速で処理できます。レポートの作成も、BIの方が高速で作成できる点は、多くの時間と人材が必要なExcelとの違いです。

重要な相違点は、BIで作成されたレポートは、最新の情報がすぐに反映されるため、最新データがリアルタイムでいつでも共有可能です。Excelは、人的にデータを更新する必要があります。

BIツール導入のメリット

BIツールを導入するメリットを解説します。

社内データの管理がしやすい

BIツールを使えば、社内に散在したデータの管理がし易くなります。社内で部署ごとに異なるシステムを使っている場合、データはそのシステムごとに社内に散在することとなります。BIツールにより、システム連携ができ、各部署のデータを集計・分析ができるため、より正確な結果が得られこととなります。

レポート作成の手間がなくなる

BIツールを使えば、レポート作成の手間がなくなります。Excelなどを使い、人力で行っていた集計やレポート作成などが自動で行えます。ダッシュボードがあり、分析結果などの情報共有が容易にできるため、会議資料の作成なども不要になります。

迅速な意思決定が行える

BIツールを使えば、迅速な意思決定が行えます。ダッシュボードをみることで、部門ごとの活動や成果の把握ができ、複合的・多角的な分析ができます。可視化されたデータを見ることで、課題が浮き彫りにされやすくなり、戦略などを立てるために役立ちます。

BIツール導入事例

BIツールの具体的な導入事例を2つ紹介します。

データの一元化と工数削減を実現『ライオン株式会社』

ライオン株式会社は、歯ブラシや洗剤などの家庭用品を中心に販売しています。

課題

ライオン株式会社では新旧のシステムが混在しており、データの一元化が上手くいかず、データ分析の作業工数が増大していることが課題でした。

BI導入後の結果

BIを導入することで、複数のシステムに蓄積されたデータの一元化が可能になりました。すべてのデータをダッシュボードで把握できるだけでなく、データの編集などもできるため、作業工数の削減ができました。

Excelでの集計をやめ作業軽減と効率化実現『日本電子材料株式会社』

日本電子材料株式会社は、半導体検査に必要不可欠とされるプローブカードの開発・製造を行っています。

課題

日本電子材料株式会社では、データの一元化は完了していたものの、Excelでの管理だったため、データの編集や分析に時間がかかることが課題でした。

BI導入後の結果

BIを導入したことで、今まで人力で行っていた集計や分析、レポーティングなどが自動化され、大幅な作業軽減と効率化が実現できています。

BIツールを選ぶためのチェックポイント

BIツールを選ぶ際のチェックポイントについて解説します。

必要な機能があるか?

BIツールにある機能のうち、どの機能が必要かを明確にしましょう。目的が曖昧なまま導入してしまうと機能が使いこなせなかったり、必要な機能が使いにくかったり、などのトラブルが発生する可能性があります。

専門知識がなくても操作可能か?

専門知識がなくても操作ができるかを確認することは重要なポイントです。直感的な操作が可能かなどを確認しましょう。操作に専門知識が必要な場合は、限られた社員しか使えないため、社内全体でツールを上手く使いこなせない可能性があります。

既存のシステムとの連携が可能か?

既存のシステムと連携できるかを確認しましょう。社内の他のシステムに蓄積されたデータを活用するためには、システム連携を行う必要があります。導入済みのシステム・データと連携できるBIツールを明確にしましょう。

導入コストと運用コストは予算内か?

BIツールを導入するに際には導入コスト、運用する際には運用コストがかかります。業者によってライセンス体系が異なり、コストも変わるため予算内におさまるかを確認しましょう。追加費用が必要になることもあるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

オンプレミスか?クラウドか?

BIツールの導入方法として、オンプレミスにするか、クラウドにするかを決めましょう。オンプレミスは自社で運用するためカスタマイズがしやすいですが、自社で管理する必要があります。クラウドはインターネット経由で利用できるため、場所や時間を問わずに使えますが、カスタマイズが難しい面があります。

セキュリティは万全か?

万全のセキュリティ体制があるかどうかをチェックしましょう。BIツールでは、さまざまなデータを扱います。顧客情報なども含まれており、流出などのリスクを防ぐために、セキュリティ体制の確認は重要です。

BIツール活用に向けてやるべき事

BIツールを活用するためにやるべきことを解説します。

BIツール導入の目的を明確にする

BIツールを導入する目的を明確にしましょう。誰が利用するのか、解決したい問題は何かなどを決めます。何を分析すればよいのか、どのようなデータが必要なのか、何が知りたいのかなどを決めた上で、ツールを上手く使いこなしましょう。

社内データの確認をする

BIツールでは、社内に蓄積されたデータを集計し分析できます。社内に蓄積されたデータを確認したり、分析するために収集すべきデータを明確にしたりしましょう。データ同士の連携が可能かも確認する必要があります。

導入検討のためのコミュニケーションは全社で行う

BIツールを上手く活用するためには、導入を検討するところから、全社でコミュニケーションを取ることが大事です。経営陣・システム担当者・マーケティングなどの担当者が、何のために導入するのかなどを話し合う必要があります。

小規模な運用から始める

最初からすべての機能を導入するなど、完璧なものをリリースせずに、小規模な運用から始めましょう。使いこなせない機能があると、その分の運用コストは無駄になります。ひとつの機能が上手く運用出来たら、次の機能を導入するなど、少しずつ導入範囲を広げることをおすすめします。

データ収集と可視化するだけで終わらない

BIツールを導入し、データを収集・可視化するだけで終わらないように気をつけましょう。可視化されたデータを基に、経営戦略を立てることがBIツール導入の目的です。分析結果を活用し、意思決定を行うことまでがBIツール導入の目的であることを常に認識しておきましょう。

まとめ

BIを導入することで、社内データの管理がしやすくなり、分析結果などを社内で容易に共有できるため、迅速な意思決定が可能となります。しかし、BtoBマーケティングを成功させ軌道に乗せるには、蓄積されたノウハウやスキルが必要です。

ワンマーケティングでは、MA導入支援やコンサルティングだけでなく、MA運用に必要なMA設定、コンテンツ制作までトータルサポートできます。ノウハウの詰まった資料を配布していますので、ぜひご活用ください。

マーケティング支援について

ワンマーケティングは、「案件創出」「売上の向上」という成功へ向かって、ひとつながりのマーケティングフローを構築。マーケティング戦略設計からMA導入・運用、セールス支援、コンテンツ制作まで統合的に支援しています。

マーケティング支援サービスの詳細を見る

BtoBマーケティングスタートアップガイド
リード(見込み客)の集め方、育て方と効果を最大化させる
マーケティングフローの作り方

BtoB企業を取り巻く環境の変化に伴い、顧客獲得に向けたマーケティング戦略が必要不可欠になっています。
なぜマーケティングが重要なのか?どのようにマーケティングの仕組みを構築するのか?

この資料では、

  • BtoB企業にマーケティングが必要な理由とその背景
  • BtoB企業に共通してみられる課題と解決方法
  • 獲得したリード(見込み客)を活用するためには?
  • BtoB企業のマーケティングの仕組みとは?

などBtoB企業の課題とマーケティングの仕組みについて詳しく解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

BtoBマーケティングスタートアップガイド

無料ダウンロードはこちら

その他のBtoBマーケティングに役立つ資料を見る

関連記事

法人営業&マーケティングのトランスフォーメーションに挑むオンラインカンファレンス