トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > イベントレポート
 > 【速報】マーケティングオートメーション一色だったマーケティングテクノロジーフェア2015。

【速報】マーケティングオートメーション一色だったマーケティングテクノロジーフェア2015。

2015/01/29

Author:垣内 良太/ワンマーケティング株式会社

【速報】マーケティングオートメーション一色だったマーケティングテクノロジーフェア2015。

マーケティングテクノロジーフェアとは、大きくEC関連、そしてBtoB向けのマーケティングツールやサービスベンダーが一堂に集まる展示会だ。
今年で3回目となる展示会のテーマは、言わずもがなマーケティングオートメーション(MA)だ。昨年よりもプレイヤーが増え、MAツールの可能性を見極めようと多くの方が来場している様子はレポートの写真でも伝わってくるだろう。今回のブログでは、その会場の熱気をレポートしたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各ブースのいたるところで見受けられたマーケティングオートメーション

マーケティングオートメーション(MA)の定義や細かな機能はさておき、今回の展示会におけるポイントとなるのは大きく2つだ。
一つ目はWebコンテンツと広告の最適化だ。BtoBの場合、売上をマーケティングのゴールとするならば、リードを獲得していくまでのフェーズを最適化するための支援ツール。
そして、もう一つはリードを獲得し、より良い接点を作りつづけることでエンゲージメントを高めていき、商談までつなげるための支援ツール。
つまりマーケティングの前工程と後工程を支援するためのMAツールがラインナップされた展示会となった。

安定のORACLE

昨年と同様に出展していたORACLE社。
昨年ではEloquaのインターフェースも英語対応のみで、説明員ももう一つ分かっていないという印象だったが、流石に一年経った今回は、説明もこなれた様子。それ以外はEloquaも含んだORACLEのMARKETING CLOUDとして、前工程と後工程のEloquaをつないだソリューションで安定感のある展示となった。

初出展のmarketo

今回、初出展のマルケト社では、コーポレートカラーの紫が印象的なブースに。ステージはわかりやすくデモを交えたプレゼテーション。特にマルケトの強みでもあるリードナーチャリングやスコアの設定など、簡単に実施できそうな雰囲気をアピールしていた。

国内ツール各社のブースも増加傾向

いつも元気なイノベーションさんのリストファインダーのブース。リストファインダーはリードの持っているIPアドレスと企業属性をひも付けて可視化するためのツール。結構これだけで見えてきたりする。
また、送信したメールから、来訪ユーザーと顧客情報を合致させ、来訪履歴を個人名で表示することもできる。
インサイドセールスや営業力の強い会社なら良ツールだ。

そのほかシャノンさん、リード職人などを提供しているインターパークさんも出展。どこもマーケティングオートメーションを切り口に出展していた。

机上のカスタマージャーニーに異論!

ずっとプレゼンをやられていたマルケトの宮下さん。今回のどんなセミナーのコメントよりも印象的なコメントはこれです。

「机上のカスタマージャーニーなるものにお金を払うな。それよりも良質なコンテンツを増やして、データドリブンで本当の意味でのカスタマージャーニーを見つけることが重要だ。」

これは、確かにそうだと感じた。「大事なのはペルソナだ!」「カスタマージャーニーだ!」という意見は少なくない。確かに重要であるし、計画しないよりはした方が良い。しかし。ああでもない、こうでもないと議論で工数を使うよりも、まず重要なのはコンテンツだ。コンテンツを継続的に供給していった先に見えてくるものがある。

CHECKにお金が使えない、そして失敗できないという心理からか、どうしてもPLANに時間がかかりすぎるきらいがある。コンテンツマーケティングを始めるのに、立ち上げで半年かかるなんてあってはならない話。これから重要なのはCHECK、ACTIONにお金をかけていくべきだし、そういう話を我々のようなソリューションプロバイダーもしていかないといけない時期にきていると改めて反省した次第。

来年のこの展示会は当社も出展したいな、と改めて決意を固め、会場を後にした。

まとめ

MAはあくまでもツールであること。ツールを使いこなすためには、やはりコンテンツが重要であること。
コンテンツがないのにMAを入れても、「あれ?これ以前使っていたメール配信ツールと何が違うの?」という結果になりかねない。
当然だが展示会の性質上、コンテンツに触れる会社は少ない。マーケティングオートメーションがブームで終わるのか、それともキャズムを超えて、マジョリティに入っていくのか。やはり使い手であるマーケターが運用をしっかり考えることが重要だ。

効果的な見込み客管理から顧客を創出するためのマーケティングオートメーション実践ガイド

企業の購買プロセスが長期化・複雑化している中で、効果的に商談機会を創出するためのソリューションとして注目を集めているMA(マーケティングオートメーション)。

この資料では、

  • BtoB企業の見込み客管理の問題点と解決法
  • マーケティングオートメーションとは何か?
  • BtoBが活用するために必要なMAの機能
  • MAを活用したBtoBマーケティング実践法

など、MAの概念や役割、マーケティング活動に必要な機能と、BtoB企業がMAを活用するためのポイントについて解説しています。

是非御社のマーケティング活動にお役立て下さい。

マーケティングオートメーション実践ガイド

無料ダウンロードはこちら

企業の売上に貢献するBtoBマーケティングソリューションツール『mabot』


BtoB企業マーケティング担当向け お役立ち資料ダウンロード
資料の詳細情報はこちら


マーケティングオートメーション実践ガイドをダウンロードする

トップ
 > BtoBマーケティングラボ
 > イベントレポート
 > 【速報】マーケティングオートメーション一色だったマーケティングテクノロジーフェア2015。

PAGE TOP