今から半世紀前、ワンマーケティングは印刷を手がける会社として創業しました。しかし、つくったモノを納めて終わるのではなく、より本質的な価値をお届けしたい。お客様の成功を、ともに喜べるパートナーになりたい。そんな想いから、BtoBマーケティングへの一大事業転換をはかりました。

日本のBtoBマーケティングは、まだ黎明期にあります。私たちは、日々さまざまなお客様の課題に直面し、新しい領域を学び、吸収した知識を実践でさらに磨き上げ、一から実績と信頼を築いてきました。

お客様の真の成功をめざす道のりは、自分自身も大きく成長させてくれます。ワンマーケティングは、自ら学び、考え、動こうとする人にとって、圧倒的な成長の機会をプレゼントできる会社でありたいと願っています。ここから一緒に、お客様の成功も、自分の成長も喜べるプロフェッショナルチームをつくっていきませんか。
募集職種
私たちの使命
マーケティングで、
法人営業を強くする。
私たちの歩み
名刺が教えてくれた、
マーケティングの大切さ。
メッセージ
時代の変化に、
マーケティングで答えを。
お客様に、大きな成功と喜びを。
サービス
成功へのすべてを、
ワンストップで提供する。
会社概要
お客様の成功に喜びを。
募集職種と募集要項
東京・大阪を拠点として、BtoBマーケティングのコンサルタントからデザイナー、
管理部門まで、さまざまな職種のメンバーが活躍しています。
  • 募集の背景
  • 業務内容
  • 求める人物像
  • 歓迎するスキル・経験
  • 勤務内容
  • 社内制度
募集職種

BtoBマーケティング支援のナンバー1企業をめざしたい。その前に、お客様にとってのナンバー1をめざしたい。そんなつながりを、1社でも多く増やしたい。そうすれば自ずとナンバー1になれるはず。今回の募集は、「顧客にとってのナンバー1をめざすため」の募集です。

  • アカウントセールス
  • インサイドセールス
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • カスタマーサクセス

採用に関するお問い合わせ

当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
会社見学、会社説明を実施させていただきます。

個人情報保護方針個人情報の開示等の請求についてサイトのご利用にあたって

当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。会社見学、会社説明を実施させていただきます。

© ONE MARKETING Co., LTD. All Rights Reserved

自分次第で、どこまでも行ける。
BtoBマーケティングという仕事。
東京で活躍する2人の若手ディレクターによる対談。入社のきっかけや仕事のやりがい、
休日の過ごし方など、さまざまなテーマについて語り合いました。

お客様と深く関わって、
少しでも早く成長したい。

ー ワンマーケティングに入社したきっかけを教えてください。

山 本
もともとWebの広告代理店で、広告配信に関わる業務を担当していました。お客様と深く関わる仕事がしたいと考えていた中で、ワンマーケティングの求人を見つけたんです。未経験でも応募可能で、社長との距離も近いということもあり、学べることが多いと思いました。BtoBマーケティングについては、当時ニッチなイメージがありましたが、これから伸びる業界だろうなと、興味を持っていました。
小 谷
私も以前は、Web広告を扱う会社で働いていました。レポート作成など、裏側の仕事を担当していたため、社外の人と会うことがほとんどなくて、お客様と顔を合わせて打ち合わせをしたり、提案をしたりするような、もっと人と関われる仕事をしたいと考えていたんです。ワンマーケティングがコンサルタントを募集しているのを見て、未経験OKというところに背中を押されてチャレンジしました。
山 本
面接は、東京駅の近くにあるカフェで、社長と1対1で行いました。「今まで何をしてきたのか?」「BtoBマーケティングをどれくらい知っているのか?」という話をしたことを覚えています。大企業に入社して決められた役割の中で仕事をするのではなく、規模は小さくても、自分で裁量を持って仕事をすることで「いち早く成長できる」と感じて、入社を決意しました。
小 谷
私は、品川のオフィスで面接しました。はじめ、垣内さんが社長とは知らなくて。人事の人だと思っていたんです(笑)。MAについては、導入している企業がまだ少ない分、これからますます成長していく息がながい業界だと感じて、より興味が沸いてきました。

※ MA(マーケティングオートメーション)とは、マーケティング活動をデジタルで支援するツール。

入社から2週間で、大手企業の担当に。
自分の意見を持つために、専門書を読む日々が始まりました。

ー 入社されてから、どのような仕事をしていますか?

山 本
ディレクターをしています。「MA」の導入や運用の支援、「オウンドメディア」と呼ばれるWebマガジンやブログのディレクションまで、仕事は多岐にわたります。担当するお客様の中で多いのは、すでにMAは導入しているものの、運用がうまくできていないケース。MAをどのように活用していくかは、お客様にとっても手探りの部分が多く、日々一緒にさまざまな課題と向き合いながら、やるべきことを一つずつクリアしています。
小 谷
私も職種としては、山本さんと同じディレクターです。MAの設定やコンテンツの制作管理、コンサルタントと一緒に打ち合わせに参加した際の議事録や提案資料づくりも行っています。最近では、一人でお客様に訪問することも増えてきました。たとえば、潜在層から健在層まで、見込み客の状況に合わせたシナリオを考えて提案したり、どんなリストに対して、どんなメールやコンテンツを送るのか、アプローチ方法を日々模索しています。
山 本
ワンマーケティングのお客様は、エレコムやVAIO、京セラなどの大手企業が中心です。各部署にマーケティングの必要性を伝えるために、まずは自分がBtoBマーケティングについて深く理解しないと説明ができません。積極的に営業にも同行して、お客様の商品・サービスへの理解を深めたり、BtoBマーケティングという業界における知識の習得に努めてきました。今では、MAの運用についてもより細やかに説明や提案をさせてもらえる機会が増えてきています。
小 谷
私は入社して2週間ほどで、JTBさんの担当を任されるようになりました。定例的なミーティングも多く、毎回多くのグループ社員の皆さんが参加されます。入社してすぐの頃は、打ち合わせに参加し、その内容を理解してタスクに落とし込むだけで精一杯でした。自分の意見をしっかり持って、自分なりの提案やサポートができるようになりたいと考え、勉強をするようになりました。以前はほとんど読書をしなかった私が、マーケティングの専門書を読んでいるなんて、自分でも驚いています(笑)。

クリエイティビティよりも大切なのは、
シンプルなことをやり通す力。

ー 仕事の中で自分自身の成長を感じられる場面はありますか?

山 本
お客様の状況を踏まえた回答を出せるようになってきました。手探りの状態から試行錯誤してきた中で、BtoBマーケティングには、ある程度「型」があることがわかってきたのです。複雑に課題が入り組んでいるように見える時こそ、「そもそも何が必要なのか」とシンプルに考え、課題に対して一つひとつ行動を起こしていく。そういう経験を積み重ねたことで、知識と結果がはまり出す感覚がありました。そうするとMAに携わる仕事がより楽しくなってきて、今ではプラモデルを組み立てる工程に近いのではないかと感じています。
小 谷
私もお客様の状況を理解することを大切にしています。大きな企業になるほど、展開するサービスも多岐にわたります。お客様が手がけているサービスは、「どの見込み客に向けたものなのか」ということを考えたうえで、一つひとつの施策やコンテンツの内容に反映しています。MAの機能自体もさまざまあって複雑なため、はじめは苦労しました。MAを使ってお客様にどういう価値を提供できるのか。日々、試行錯誤する中で、少しずつではありますが、MAでできることと、お客様のニーズをつなげられるようになってきました。
山 本
「マーケティング」というと、数字を見るといろんな閃きが湧いてくるような、すごくクリエイティブなイメージを持たれる人もいると思います。でも、今の仕事をするうえでは、現実的かつロジカルに物事を進める力が、実はいちばん大切なんじゃないかと考えるようになりました。

毎週フットサルしたい!
3つのチームを掛け持ちしています。

ー 仕事とプライベートのバランスや、休日の過ごし方について教えてください。

山 本
僕は、仕事の時間だけ集中するということはなくて、頭のどこかでいつも仕事のことを考えていますね。「あれをやっておこう」と電車の中でメモをしたり。その分、週末はバスケをしてオンとオフを切り替えています。スポーツ推薦で大学に入ったくらい、昔からバスケに熱中していて、今は社会人クラブチームに所属して、ガードを任されています。
小 谷
私は、絶対19時に退社すると決めています。終わらない仕事もありますが、そういう時は「家でこれだけやる」と決めて、メリハリをつけています。休日は、フットサルをしてリフレッシュ。フットサルを毎週したくて、今は3つのチームに入っています。男女混合チームや、ビギナーチームなど、チームごとに個性があって、いい気分転換になっています。

BtoBマーケティングのノウハウを、
採用事業にも活かしたい。

ー 今後の目標や、これからチャレンジしたいことを聞かせてください。

山 本
BtoBマーケティングの知識を活かして、「採用」という新しい事業にもチャレンジしてみたいです。見込み客を集め、育成し、選別していくというマーケティングのフローは、企業の採用活動と似ていると気づいたんです。「指標」が明確であることも親和性が高くて、採用人数や離職率、採用コストなどを数値で割り出せるため、効果を可視化しやすいと考えています。理想は、離職率を減らして定着率を上げるお手伝いをすることですね。
小 谷
これからの人生設計を考えると、結婚・出産といったブランクがどうしても出てくると思います。その前に、MAだけでなく、オウンドメディアにも挑戦したい。ブランクができる前に、どれだけの経験や知識を積めるのか。職場復帰した時に「やっと戻ってきてくれた!」と言われるような人になっていたいです。
山 本
僕の目標はもう一つあって、MAに精通した第一人者になれたらと考えています。MAとひと言でいってもさまざまなツールがありますが、僕は特にMarketo(マルケト)の設計思想や機能に強く惹かれています。これから知識と提案経験を積み重ねて、オリジナル性の高い考え方を発信していくことで、「マルケトを使うなら山本さんに聞こう」と言われる人になっていきたいです。

ー これからワンマーケティングに、どんな人に来てもらいたいですか?

山 本
シンプルに「BtoBマーケティングに興味を持っている人」がいいですね。ワンマーケティングは大企業じゃないからこそ、自分で仕事をつくり出したい!ガチャガチャみんなでつくっていきたい!という人と一緒に成長していけたらうれしいです。
小 谷
「自分の意見をちゃんと持っている人」です。指示を待つのではなく、自分で考えて動ける人がいいですね。ゆとり世代は、指示まちと言われることがありますが、私はそんなことないと思っています。若いメンバーが増えてフレッシュな意見が出ると、もっともっと仕事も面白くなると思います!
代表取締役社長 / Consultant
垣内 良太
2013年、印刷業からBtoBマーケティングへの一大事業展開を図り、ワンマーケティング株式会社へ社名変更。2018年、代表取締役に就任。「マーケティングで、法人営業を強くする」というミッションを掲げ、お客様の成功と自社の成長をめざす日々。
Consultant / コンサルタント
お客様の“あるべき姿”を示し、そこへ辿り着くための道筋を描く仕事。マーケティングの知見だけでなく、その根底にある思想を伝え、MA(マーケティング・オートメーション)の必要性を正しく認識していただくとともに、お客様の成功に向かって変革をリードしていく。
INTERVIEW
マーケティングの先にある未来を示すために、
“コンサルタント”として、お客様の前に立つ。
課題解決をサポートする営業から、
未来を示す“コンサルタント”へ。
営業としての経験を積み、父が印刷業から興した会社へ入社しました。時代の変化を見据え、印刷物の提供だけでなく会社案内やWebサイト、展示会など、提案活動を広げていきました。しかし、つくったものに喜んでいただけても一度納品して終わりでは、本当に「お客様の役に立てている」という実感は得られませんでした。

そんな中、展示会をお手伝いしたお客様から「集めた名刺を活用できていない」という声を聞き、直感したのです。名刺を集めて満足するのではなく、集客・管理・育成・選別へとつながるマーケティング支援を通して、継続的にお客様の売上に貢献していく。これが自分たちのやるべきことだと。「印刷業からBtoBマーケティング事業へ」。人生も会社も大きく変える決断に踏み切りました。

展示会の支援をしていた頃から、課題解決こそが、お客様に価値を提供する方法だと考えていました。BtoBマーケティング事業に転換してからも気持ちは同じでした。ですが、お客様と打ち合わせを重ねる中で、どこか違和感を拭えませんでした。そもそもマーケティングを通してどんな未来をめざすのか?“あるべき姿”を描けていないことが原因でした。それからは意識を切り換え、「自分たちがお客様に未来を示し、リードしていく」という信念のもと、“コンサルタント”としてお客様の前に立つようになりました。
時には何年もかけて、ゴールを描き、
組織を変えていく。
日本のBtoB企業は、まだまだ営業主導型の会社が多く、マーケティングに携わる方々は、孤軍奮闘を強いられています。こうした中、「2025年の崖」と言われるITシステムの老朽化に伴う国際競争への遅れや、国内市場の頭打ちといった危機が迫ってきています。加えて日本は、セキュリティなどの“守り”の投資が多い割に、アメリカに比べてIT投資が3倍も4倍も少ないという状況です。やがて、MAやデジタルへのシフトが遅れた企業は、事業活動そのものが成り立たない時代がやって来ると考えています。

私は、日本ではまだ数少ないBtoBマーケティング特化型のコンサルタントとして、マーケティングの必要性や目的を共有するところからお客様と向き合っています。MAの導入はあくまで手段のひとつであり、お客様の成功のためにマイルストーン(中間目標地点)やKPI(事業評価に関する重要な指標)といった指標を定義して、理想の未来を描いていきます。

お客様とはじめに出会ってからMAの本格稼働まで数年を要することもありますが、共に汗をかき、「マーケティングの基盤をつくることができた」「おかげで霧が晴れた気がする」という言葉をいただく度に、企業の大きな転換点に立ち会っているという手応えを感じられます。社会の大きな変化を前向きに捉えることで、お客様のためにできる仕事はまだまだあります。BtoBマーケティングとは、本当に奥深く、面白い仕事だと思います。
日本一のBtoBマーケティング会社として、
より多くの成功を届けたい。
私たちのミッションは「マーケティングで、法人営業を強くする」ことです。支援できる会社をより増やすためにも、自分たちの会社を成長させていくことが、私のもう一つの大きな仕事です。その決意を込めて、「日本一のBtoBマーケティング会社」になるという目標を立てました。定量的な目標としては、3年後に今よりも倍以上の規模となる売上と従業員数をめざしています。

BtoBマーケティングという業界も、ワンマーケティングという会社も、まだ大きな成長の余地があり、日々、新たなチャンスや挑戦が生まれています。ここにいれば「2年で引く手あまたの即戦力人材」になれる。社長として、そんな自負もあります。

ですからぜひ、自分から「やりたい!」という意志を持って行動を起こせる人に、仲間に加わってもらいたいと思います。手を挙げれば「やってみよう!」と背中を押すようなカルチャーも、社内に根付きつつあります。MAの使い方ひとつにしても、自分で手を動かして、ゲームのような感覚でさわれる人がいいですね。システム開発で例えるなら、アジャイル型※のように、同時進行でチャレンジと学びを繰り返せる人が活躍できる環境だと思います。

※アジャイル型:素早く、短期間でテストを繰り返す開発手法。

RECOMMENDED BOOKS
私の仕事に、生きる一冊

『コンタクト・ポイント戦略』

スコットM. デイビス
マイケル・ダン(著)

顧客との接点の大切さに気づかされた一冊。

15年ほど前に購入し、何度も読んで参考にしている一冊。売り場、電話、Webサイト、営業など、企業と顧客が接触するすべての要素を「コンタクト・ポイント」として管理することで、顧客に与える影響や関係性を変えることができる。その理論と具体例が記載されています。今、MAで実践している、リード(見込み客)一人ひとりとの接点を大切にし、管理していくという考え方の礎にもなっています。

Account Sales / 2006年入社
安平 好伯
2006年、前身のたかアート時代に入社。印刷物や展示会の企画・セールスに7年携わる。2013年、ワンマーケティング株式会社として事業転換したのちも会社に残り、営業担当としてMAのセールス活動に尽力。大手企業との取引経験も多数。
Account Sales / 営業
ワンマーケティングのセールス担当者は、飛び込みの訪問も、ルート営業もしない。社内のマーケティング担当者やインサイドセールスと連携して生産性の向上をはかりながら受注獲得をめざす。現在は特に、大手企業のBtoB事業にターゲットを絞り込んだセールス活動を展開。
INTERVIEW
お客様の成功のために。
提供するのはモノではなく、
新しい知見。
事業が大きく変わっても、
ここにいる理由は「仕事」の面白さ。
実はもともとカメラマンをしていたのですが、グラフィックやWebなどの制作に関わる仕事がしたいと旧事業の企画営業として入社しました。その7年後、会社がマーケティング事業への一大転換をはかることになり、「それも面白い」と思って会社とともに新たな一歩を踏み出すことにしました。

印刷物のように物を納めて終わりではなく、BtoBマーケティングの支援サービスやMA(マーケティング・オートメーション)の導入・運用支援という新しいサービスを提供するために、これまでに無かった知見を身につけていかなければならない。しばらくは、手探りのセールス活動が続きました。「BtoBマーケティング」という言葉が日本でようやく出てきたくらいの時期でしたね。何も頼るものがない中で、「自分たちで考え、実践すること」を繰り返して、その積み重ねでマーケティングの思想やサービスに共感いただけるお客様と徐々に出会えるようになっていったんです。

お客様と密度の濃い話し合いを重ねることで、次第にノウハウも研ぎ澄まされていって、受注率は年々向上しています。14年、続けてこられたのはやっぱり「仕事」が面白いからですね。自分たちのサービスがお客様の顧客創出や売上アップにつながっていくことが、純粋にうれしいです。
初めてお客様にお会いする場でも、
一歩踏み込んだ提案を。
ワンマーケティングが提供しているものは無形商材。MAを活用したマーケティングの最適化によってお客様の営業効率を向上させるサービスです。そして、MAからセールスにつながる一連の仕組みを自社の中でも構築しています。

「マーケティング部門がホットリード(反応度の高い見込み客)を生み出す」→「インサイドセールス部門がヒアリングで見込み客の状態を見極め、アポイントを取得」→「営業が商談に臨み、受注を決める」というフローが仕組み化されていて、おかげで自分がアポ取りに苦労したり、足を使って飛び込み営業をしたりということはまったくありません。その分、みんなからのパスを受け取って、しっかり受注につなげたいという責任感は、以前よりも増しています。

受注の確度を高めるためには「お客様を知る」ことが大切ですが、ワンマーケティングではMAに蓄積されたデータやインサイドセールスのヒアリングをもとに、顧客の温度感やニーズをある程度把握したうえでの訪問になりますので、初回訪問時から本提案に結びつく具体的な打ち合わせをすることができます。そして、自分たち自身がこのようにMAの恩恵を日々実感しているため、お客様にその重要性をお伝えする時も、説得力が違うのではないでしょうか。
お客様をリードして、
「成功」と「よろこび」を、ともにする。
うちは会社としてはまだ小規模ですが、大手企業と取引することも増えています。それは提供しているサービスやソリューションが間違っていないからだと思います。MAはあくまでツール。そのツールをどう使ったら売上や営業効率化に結びつくのかという新しい知見を提供するのが私たちのサービスです。ツールを卸すというより、導入後もお客様と併走していくようなイメージですね。

私たちにとってもMAを導入すること自体が目的ではなくて、「お客様の成功」がゴールなので、顧客に左右され過ぎないことも重要です。課題に対して本来あるべき解決策を導いていくためには、「自分自身の知見を持つこと」「課題を多角的に見ること」「お客様の背景を知ること」「真剣に素直に向き合うこと」などが求められると考えています。それを真摯に実行しようとしたら、お客様に追随するのではなく、むしろお客様をリードするという姿勢が必要だと思っています。

お客様の中には、「何とか会社を変えていきたい」という強い想いを持った方もたくさんいらっしゃいます。そんな皆さんから「この会社を選んで良かった」と喜びを分かち合えるようなチームをつくっていきたい。そのためにも、BtoBマーケティングの必要性や私たちの考え方に共感してもらえる人に新しいメンバーとして加わってもらって、どんどん躍進してもらえたらと思います。
RECOMMENDED BOOKS
私の仕事に、生きる一冊

『チャレンジャー・セールス・モデル 成約に直結させる「指導」「適応」「支配」』

マシュー・ディクソン、ブレント・アダムソン、ニール・ラッカム (著)
三木 俊哉 (編)

顧客をリードするセールス。その答えは“チャレンジャー”にあった。

特に私たちのような無形商材を販売している人には、ぜひ読んでほしい本です。優れたセールス担当は“チャレンジャー”であり、チャレンジャーに備わっている能力として「指導」「適応」「支配」が挙げられています。一流のセールストークについて、顧客のビジネスに関する興味深いストーリーを示す→新しい視点と解決策を示唆する→自社の差別化要因へと移行するといった流れや、それによって顧客を終始リードするセールス・モデルが提唱されています。「スキル」ではなく「モデル」であることも面白いです。

Marketing / 2013年入社
山岸 勇毅
2013年、ワンマーケティング株式会社の事業転換と時を同じくして入社。前職はWEB関連の営業職。社内初のマーケティング担当者として、オウンドメディア「BtoBマーケティングラボ」の立ち上げや、MAシステムの構築に尽力してきた。
Marketing / マーケティング
マーケティング会社のなかのマーケティング担当として、社内でもMA(マーケティング・オートメーション)を実践。ワンマーケティングの顧客創出を担うとともにBtoBマーケティングにおけるノウハウを蓄積し、お客様へのより精度の高い提案に活かしていく。
INTERVIEW
相手が何を大切にしているのか。
しっかり向き合って、
仕組みをつくりたい。
「社内の仕組みを、自分でつくってみたい」。営業職からの転身。
前の会社で営業をする中で、組織の仕組みづくりにも興味が膨らんできて。未経験でも新しい仕事にチャレンジさせてくれる会社を探して、ワンマーケティングに出会いました。これから変わっていく自分とワンマーケティングという会社を重ねて、「新しい仕組みづくりに挑戦したい」と名乗り出たのが最初の一歩です。その時、募集していた仕事内容は“コンテンツライティングの担当者”で、Webから顧客を創造するためにコンテンツを通して見込み客(リード)との関係をつくっていくという仕事にも、すごく惹かれました。

「ここで力をつけることで、自分の幅が広がるのではないか」。入社してすぐに、コンテンツを書く日々が始まりました。当時はまだ、BtoBマーケティングの本さえほとんど出ていなかったこともあり、お客様の声や、社内のコンサルタントやディレクターから教わる生きたアドバイスが貴重な参考材料でした。まだサイト名も決まっていなかったところから「BtoBマーケティングラボ」を立ち上げて、曜日を決めてメールマガジンとコンテンツを配信。ホワイトペーパー(見込み客に向けたお役立ちダウンロード資料)をセットしてリード情報を入力してもらうための仕組みも構築し、はじめの1,2年はあっという間でした。

それから5年ほど経ち、リードの獲得数はあわせて2万件を超えました。そのほとんどがWebからです。今でも毎月100件以上の獲得があり、さらに数だけではなく、リストの中には大手企業の皆様も多く、リードの質も精度が向上しています。コツコツとやってきたことが、かたちになってきました。
すぐには成果が現れなくても、
目的をまっすぐ見続けること。
マーケティング担当の役割をシンプルに言えば、契約が取りやすくなる流れをつくること。具体的には、マーケティング→インサイドセールス→営業とつながる契約までの流れの中で、リードの獲得・管理・育成・選別を行います。ビジネスの可能性を取りこぼさないように見込み客との接点をつなぐ一方で、やみくもにアプローチをかけるのではなく、ミスマッチを減らして、より重要な商談に営業のリソースを注げるような仕組みをつくってきました。見込み客のさまざまな動きをデータで可視化して、その精度を日々磨き上げています。

と言っても、すぐには結果が現れないことがほとんどです。それに、WEBコンテンツ、セミナー、メールマガジンの作成・運営・管理など、目の前の仕事はいつも複雑に入り組んでいる。そんな状況にあっても、何のためにこの仕事をするのかを、見失わないよう意識しています。

だからこそ、大手企業との契約が取れた時などは大きな手応えを感じます。マーケティングの担当者として、集めたリードの数だけじゃなくて、最終的に売上があがるところに達成感を持ってやっていくべきだと思うんです。売上は成功に向けてみんなで動いてきた結果の現れでもあると思うので、「みんなでやった感」があるというか。マーケティング担当の自分も、他のメンバーも、それぞれにいいパスを出せたからこそビジネスが成立するんだなって。ここ1,2年で大きい契約が増えてきたこともあって、そうした実感をさらに得られるようになりました。
お客様も、社内のメンバーも、
相手の視点に立って考えたい。
マーケティングの仕事をするには、分析能力や情報収集力、ITリテラシーももちろん必要ですが、重要なのは「相手の視点に立ってものを考える力」だと思います。目に見えないお客様の需要はどこにあるのか。社内のメンバーが効率的に仕事に取り組めるようになるには、仕組みをどう調整すればいいのか。日々たくさんのリードを管理し、大手企業とも仕事をするようになった今、いちばん思うのは「相手ありき」の視点が必要だということです。

うちは社長との距離も近く、個々の「こうしていきたい」が取り入れられやすい会社なので、やり方次第ではスペシャリストにも、ジェネラリストにもなれる。そうした環境の中でも、まずは一緒に働くメンバーが何を大切にしているかを知って、そのうえで話して、一緒に成功を生み出していく。それって当たり前のようで、意外と難易度が高いことだったりする。

だからこそ、そういった「相手を知ること」を大切にできる人を新しいメンバーとして迎えて、これからも「みんなでどうやっていけるか」について考えながら、会社も、僕たちも、一緒に成長していけたらと思います。
RECOMMENDED BOOKS
私の仕事に、生きる一冊

『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』

福田 康隆 (著)

仕事で生まれた疑問点を、ほかの点とつなげてくれた一冊。

ここ数年で読んだ中で一番しっくりきた本。いま、ワンマーケティングが構築しているマーケティングのプロセスも、この本の内容に沿ったものになっています。技術的な内容もそうですが、すごく響いたのは、人材や組織をどうするかについての考え方。ツールを使うのも、仕組みをつくるのも“人”で。僕が仕事をするうえでも大切にしている「相手を知る」ことについて、何が大切で、何をすべきかについて包括的に書かれています。読むたびに響くところが変わる一冊です。

Director / 2018年入社
山本 央
2018年1月入社。「お客様と深く関われる仕事」と「成長できる環境」を求めて、ワンマーケティングへ。MAの導入支援や運営をとおしてBtoBマーケティングへの興味をより深め、業界の第一人者をめざして現場で経験を重ねる日々。
Director / ディレクター
MA(マーケティング・オートメーション)の導入支援や運用、オウンドメディアと呼ばれるWebサイトの運営、コンテンツやメルマガの制作管理や配信など、多岐にわたる実務の推進役を務める。お客様と密にコミュニケーションを取り、伴走型のサポートを行っている。
INTERVIEW
いくつもの課題があるからこそ、
シンプルに現実と向き合う。
きっかけは、お客様と深く関わり、
役に立ちたいという欲求
前職では、Web広告の配信に関わる業務を担当していました。社内にいながら完結できる仕事がほとんどで、「お客様と深く関わりたい」という想いが募っていたところ、求人サイトでワンマーケティングのことを知り、BtoBマーケティングに興味があったため応募したんです。会社としての規模は大きくありませんが、その分一人ひとりの裁量が大きくて、「ここなら早く成長できる」と考え、入社を決意しました。

BtoBマーケティングの仕事は、見込み客が顧客になるまでの時間が長期にわたることも多くて、集客から管理、育成、選別までのフローを描いて、セールス部門への橋渡しをしていきます。僕はディレクターとして、MAの運用など、現場でのサポートを通じて、お客様の成功に貢献するという役割を担っています。

そんな中、僕がディレクターとして大切にしていることは、「シンプルに考える」こと。MAはまだ新しい領域ですから、その導入・運用については多くのお客様が手探りの状態です。ひとつの部署では解決できない課題も多くあります。物事が複雑に入り組んでいるように見える時こそ、「そもそも何をするべきなのか」をシンプルに考えることが重要だと思っています。
お客様と一緒に、ホワイトボードで
施策を組み立てる。
僕の場合は、資料作成においてもシンプルを重視しています。資料はあえて作り込まず、必要最低限の情報に留めていて、体裁を整えることにも固執しません。その分、ホワイトボードを使って打ち合わせの場でお客様と会話しながら、目的や課題を共有し、マーケティング施策を組み立てていくんです。打ち合わせが終わる頃にホワイトボードに書かれている内容が、お客様と僕たちの想いが詰まった施策です。

もちろん、はじめから今のようにお客様と会話できたわけではなくて、入社当初は、施策を立てたり、物事の優先順位をつけたりすることが難しく、苦労しました。お客様から質問をいただいても、うまく答えられない日々が続きました。

入社してから1年半ほど経った時に、一つのターニングポイントがありました。お客様との会議で大きな課題が出てきて、みんなで頭を抱えるような場面があり、その時、シンプルにこう考えればいいのではないかという答えが浮かび、発言をさせてもらったんです。その言葉が突破口になってくれたのか、停滞気味だった会議が進行。お客様に納得していただけた体験が、その後の信用と自信につながり、打ち合わせの進行を任される機会も増えていきました。
オリジナル性のある提案が、
お客様への貢献と自己成長につながる。
一人でお客様を訪問できるようになったことで、ますます「結果を出したい」という意識も強くなって、好循環が生まれてきました。今、心がけているのは、作業時間で給料をもらうのではなく、仕事の「質」に対して報酬をもらえるような働きをすることです。最近も、自分なりに考えた施策をお客様にご提案し、「なるほど!」と喜んでいただけて、BtoBマーケティング支援という仕事の面白さを日に日に感じています。

これから、自分オリジナルの視点や提案活動に、もっと磨きをかけていきたいと考えています。自分の考えを発信するために、セミナーの講師にもチャレンジしています。聞く人の役に立つプレゼンテーションするためには、豊富な知識と、わかりやすい解説が必要です。話す内容を検証する中で、自分の知識も深まっていく経験をしています。

そしていつか、MAに精通した第一人者になりたい。MAの中でも、僕は特にMarketo(マルケト)の設計思想や機能に強く惹かれていて、「マルケトを使うなら山本さんに聞こう」と言われる人になっていきたいです。
RECOMMENDED BOOKS
私の仕事に、生きる一冊

『数字指向のマーケティング』

丸井 達郎 (著)

シンプルに考えるルーツは、ここにありました。

マーケティングの効果を上げるための数字の読み方・使い方が学べる本です。マーケティングは頭が良くないとできないというイメージを、良い意味で壊してくれました。MAの設定方法や、マーケティング施策の効果を、実際の数字からどのように読み解くかを、事細かに説明してくれています。この本で得た知識は、課題をシンプルに考えて、現実的かつロジカルに仕事を加速させる手助けをしてくれます。

募集の背景
BtoB企業において、「デジタルマーケティングを導入、活用したい」というニーズはかなり高まりを見せています。その背景にあるのが「働き方改革」や「2025年の崖」という大きなテーマです。特に、法人営業の効率化や営業改革は待った無し。これらを実践していくためにもデジタルとマーケティングとクラウドツールは必要不可欠です。ところが実際には、デジタル人材やマーケティング人材、そしてマーケティングツールの理解や知見までを兼ね揃えた人材は不足しているのが現状です。

そんな中、私たちは2012年より本格的にBtoBマーケティングサービスを展開。さまざまなマーケティングツールの知見を蓄積するとともに、人材育成に取り組んできました。今では、多くの企業のマーケティング担当者とデジタルマーケティングの可能性を可視化し、売り上げ貢献の実績も出てくるまでになりました。

ワンマーケティングは今、「ますますニーズが高まるBtoB企業のマーケティングを実践し、ともに顧客の課題を解決する仲間」を大募集しています。マーケティングで、法人営業を強くしたい。そして、真にお客様から求められるパートナーをめざしていきたい。その道のりを通して得られる経験と知見は、あなたの人生を必ず豊かにしていくはずです。ぜひ、私たちと一緒に、まだ見ぬ世界へ一歩を踏み出しませんか。
業務内容
BtoB企業のマーケティング支援

・売り上げ貢献や営業効率化のためのマーケティングコンサルティング

・マーケティングオートメーションの導入、活用支援

・コンテンツマーケティングの企画制作、運用

・リードナーチャリングを実践するための企画、シナリオ設計

ワンマーケティングの強み

・単なるコンサルティングだけではなく、運用業務、コンテンツ制作までをサポートしているため、お客様のリソース削減と改善のスピードアップに貢献しています。


(たとえば、一般の広告代理店やWeb制作会社、コンテンツマーケティング専業ベンダーはマーケティングオートメーションツールの理解や運用実績が伴わないため、全体設計やマーケティングオートメーションの運用はできません。)


・コンサルタントを中心にBtoBマーケティングやマーケティングオートメーションのあるべき姿を提示し、売り上げ貢献につながる全体設計から実装や実施までをカバーし、PDCAを実行することができるところが私たちの強みです。

マーケティングオートメーションについて
現在、取り扱っているマーケティングオートメーションは、Adobe社のMarketo EngageやSalesforce社のPardot。各ツールのプロフェッショナルによるオペレーションは、さまざまな顧客企業から高い評価を受けています。
求める人物像

・私たちが求める人物像は、お客様の成功を自己の喜びに変えることができる人。

・常に自己研鑽し、能力を向上しようと努力している人。

・さまざまなことに興味を持ち、アンテナを張り巡らせ情報収集をしている人。

・とにかくチャレンジし、「まずはやってみる」の精神で何事にも素早く行動できる人。

・明確に目標を持ち、その目標にそって行動できる人。

・常に謙虚に、常に自分の課題を把握し、解決する努力を続けれる人。

歓迎するスキル・経験

・マーケティングオートメーションの理解と知識のある人。

・企業のアドミンやあるいは導入側としてSalesforceの設定ができる人。

・BtoB企業向けの顧客支援を提供し、成功事例を持っている人。

・Webの制作スキル、または、スケジュールの進行、管理ができる人。

・コミュニケーション能力が高く、過去にセミナーの講師などの経験がある人。

・分析ツールを使って課題の抽出や可視化ができる人。

勤務内容
始業、
終業の時刻、
休憩時間、
所定時間外労働の有無

・始業(9時00分)~終業(18時00分

・休憩時間(60分)

・所定時間外労働の有無(有)

休日


・定例日:完全週休2日、国民の祝日その他会社が定めた休日カレンダーによる

・年間休日130日(前期実績)

休暇





・年次有給休暇
6ヵ月継続勤務した場合 →10日
継続勤務6ヵ月以内の年次有給休暇(無)

・その他の休暇
就業規則による

その他








・社会保険の加入状況
厚生年金、健康保険(全国健康保険協会大阪支部)

・雇用保険の適用(有)

・試用期間(有)

・年俸のうち超勤手当は固定残業代【45時間分】

・退職金制度:有(継続して3年以上勤務の場合)

・賞与:会社業績により支給

社内制度
書籍購入制度
自己研鑽につながる書籍であれば、会社が費用を立て替えます。自由に購入し、日々の仕事に役立ててください。
テレワーク制度
月に5日間のテレワーク実施日を設定。取得は自由です。自らの意思で予定をたてて、自由な環境で仕事ができます。
子ども手当
満20歳になるまで、一人につき毎月1万円を支給する制度。0〜18歳までに、その累計は200万円を超えます。
フレックス、時短制度
育児中のママ、パパにも安心して働いてもらえるよう、時短制度も取得可能。上長と相談の上、柔軟な働き方を応援します。
募集職種
BtoBマーケティング支援のナンバー1企業をめざしたい。その前に、お客様にとってのナンバー1をめざしたい。そんなつながりを、1社でも多く増やしたい。そうすれば自ずとナンバー1になれるはず。今回の募集は、「顧客にとってのナンバー1をめざすため」の募集です。
  • アカウントセールス
  • インサイドセールス
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • カスタマーサクセス
採用に関するお問い合わせ
当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
会社見学、会社説明を実施させていただきます。
業務内容
アカウントセールスは、顧客の立場にたち、さまざまな課題を解決する役割を担います。新規顧客(見込み客)に対しては、マーケティングチームから上がってきたホットリードに対してアプローチするため、飛び込み営業はいっさいありません。
課題感を抱える顧客に対して、あるべき姿と現状の課題とのギャップを、技術的かつ実際の現場に即したかたちで解決していくことがアカウントセールスに求められる仕事です。
求める人物像

・法人営業経験のある人。

・目標達成のためのプロセス構築ができる人。

・顧客課題を解決するために全力を尽くせる人。

勤務内容
始業、
終業の時刻、
休憩時間、
所定時間外労働の有無

・始業(9時00分)~終業(18時00分

・休憩時間(60分)

・所定時間外労働の有無(有)

休日


・定例日:完全週休2日、国民の祝日その他会社が定めた休日カレンダーによる

・年間休日130日(前期実績)

休暇





・年次有給休暇
6ヵ月継続勤務した場合 →10日
継続勤務6ヵ月以内の年次有給休暇(無)

・その他の休暇
就業規則による

その他








・社会保険の加入状況
厚生年金、健康保険(全国健康保険協会大阪支部)

・雇用保険の適用(有)

・試用期間(有)

・年俸のうち超勤手当は固定残業代【45時間分】

・退職金制度:有(継続して3年以上勤務の場合)

・賞与:会社業績により支給

社内制度
書籍購入制度
自己研鑽につながる書籍であれば、会社が費用を立て替えます。自由に購入し、日々の仕事に役立ててください。
テレワーク制度
月に5日間のテレワーク実施日を設定。取得は自由です。自らの意思で予定をたてて、自由な環境で仕事ができます。
子ども手当
満20歳になるまで、一人につき毎月1万円を支給する制度。0〜18歳までに、その累計は200万円を超えます。
フレックス、時短制度
育児中のママ、パパにも安心して働いてもらえるよう、時短制度も取得可能。上長と相談の上、柔軟な働き方を応援します。
その他の募集職種
募集要項
  • アカウントセールス
  • インサイドセールス
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • カスタマーサクセス
採用に関するお問い合わせ
当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
会社見学、会社説明を実施させていただきます。
業務内容
昨今、非常に注目されている仕事がインサイドセールスです。マーケティングチームから上がってきたホットリードに対して、コールやメールを行い、顧客(見込み客)の内なる声を顕在化していく重要な役割を担います。 ワンマーケティング自身もマーケティングオートメーションとSFAを駆使して、顧客の振る舞いやニーズをデジタルで可視化しています。インサイドセールスは、そこに人の力を加え、顧客課題に一早く気づいたり、より一歩理解を深めるたりする大切な仕事です。
求める人物像

・スケジュール管理と優先順位付けができる人。

・顧客課題を解決するマインドの高い人。

・学習意欲が高く、何事も素直にチャレンジできる人。

勤務内容
始業、
終業の時刻、
休憩時間、
所定時間外労働の有無

・始業(9時00分)~終業(18時00分

・休憩時間(60分)

・所定時間外労働の有無(有)

休日


・定例日:完全週休2日、国民の祝日その他会社が定めた休日カレンダーによる

・年間休日130日(前期実績)

休暇





・年次有給休暇
6ヵ月継続勤務した場合 →10日
継続勤務6ヵ月以内の年次有給休暇(無)

・その他の休暇
就業規則による

その他








・社会保険の加入状況
厚生年金、健康保険(全国健康保険協会大阪支部)

・雇用保険の適用(有)

・試用期間(有)

・年俸のうち超勤手当は固定残業代【45時間分】

・退職金制度:有(継続して3年以上勤務の場合)

・賞与:会社業績により支給

社内制度
書籍購入制度
自己研鑽につながる書籍であれば、会社が費用を立て替えます。自由に購入し、日々の仕事に役立ててください。
テレワーク制度
月に5日間のテレワーク実施日を設定。取得は自由です。自らの意思で予定をたてて、自由な環境で仕事ができます。
子ども手当
満20歳になるまで、一人につき毎月1万円を支給する制度。0〜18歳までに、その累計は200万円を超えます。
フレックス、時短制度
育児中のママ、パパにも安心して働いてもらえるよう、時短制度も取得可能。上長と相談の上、柔軟な働き方を応援します。
その他の募集職種
募集要項
  • アカウントセールス
  • インサイドセールス
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • カスタマーサクセス
採用に関するお問い合わせ
当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
会社見学、会社説明を実施させていただきます。
業務内容
ワンマーケティングはBtoBマーケティングへの事業転換と同時に、自社にもマーケティング部門を発足しました。その役割は、展示会やセミナー、あるいはWebを活用したコンテンツ、メールマーケティングなど多様です。 ターゲット策定や全体シナリオ、設計にも携わり、一人の力で多くのお客様を動かすことができる魅力のある仕事です。また、私たちの“ラボ的”な存在でもあるマーケティング部門は、いち早く、新しいことに挑戦する風土が育まれています。
求める人物像

・アイデアだけでなく、チャレンジできる人。

・目的が何かを常に意識して行動できる人。

・納期を守り、スピード感を持って仕事に取り込める人。

勤務内容
始業、
終業の時刻、
休憩時間、
所定時間外労働の有無

・始業(9時00分)~終業(18時00分

・休憩時間(60分)

・所定時間外労働の有無(有)

休日


・定例日:完全週休2日、国民の祝日その他会社が定めた休日カレンダーによる

・年間休日130日(前期実績)

休暇





・年次有給休暇
6ヵ月継続勤務した場合 →10日
継続勤務6ヵ月以内の年次有給休暇(無)

・その他の休暇
就業規則による

その他








・社会保険の加入状況
厚生年金、健康保険(全国健康保険協会大阪支部)

・雇用保険の適用(有)

・試用期間(有)

・年俸のうち超勤手当は固定残業代【45時間分】

・退職金制度:有(継続して3年以上勤務の場合)

・賞与:会社業績により支給

社内制度
書籍購入制度
自己研鑽につながる書籍であれば、会社が費用を立て替えます。自由に購入し、日々の仕事に役立ててください。
テレワーク制度
月に5日間のテレワーク実施日を設定。取得は自由です。自らの意思で予定をたてて、自由な環境で仕事ができます。
子ども手当
満20歳になるまで、一人につき毎月1万円を支給する制度。0〜18歳までに、その累計は200万円を超えます。
フレックス、時短制度
育児中のママ、パパにも安心して働いてもらえるよう、時短制度も取得可能。上長と相談の上、柔軟な働き方を応援します。
その他の募集職種
募集要項
  • アカウントセールス
  • インサイドセールス
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • カスタマーサクセス
採用に関するお問い合わせ
当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
会社見学、会社説明を実施させていただきます。
業務内容
マーケティングを実施していくうえで要となる「デジタルコンテンツ」。コンサルティングからクリエイティブまでを一貫して手がけ、効果のあるものを継続的に投入できるのも私たちの強みです。 ターゲット策定からコンテンツ設計、そして、コンテンツを展開するためのWebサイト。クリエイティブチームが手がける仕事は多岐にわたり、リード獲得やナーチャリング(育成)など、その目的もさまざまです。単にかっこいいだけのサイトではなく、機能するサイト、顧客のリードを発掘し、売り上げに貢献するコンテンツ、Webサイトをつくっていくことがクリエイティブチームの仕事です。
求める人物像

・顧客視点でものづくりができる人。

・見た目だけではなくその先にある効果を考えてデザインできる人。

・常に自己研鑽を怠らず、スキル向上に取り組める人。

勤務内容
始業、
終業の時刻、
休憩時間、
所定時間外労働の有無

・始業(9時00分)~終業(18時00分

・休憩時間(60分)

・所定時間外労働の有無(有)

休日


・定例日:完全週休2日、国民の祝日その他会社が定めた休日カレンダーによる

・年間休日130日(前期実績)

休暇





・年次有給休暇
6ヵ月継続勤務した場合 →10日
継続勤務6ヵ月以内の年次有給休暇(無)

・その他の休暇
就業規則による

その他








・社会保険の加入状況
厚生年金、健康保険(全国健康保険協会大阪支部)

・雇用保険の適用(有)

・試用期間(有)

・年俸のうち超勤手当は固定残業代【45時間分】

・退職金制度:有(継続して3年以上勤務の場合)

・賞与:会社業績により支給

社内制度
書籍購入制度
自己研鑽につながる書籍であれば、会社が費用を立て替えます。自由に購入し、日々の仕事に役立ててください。
テレワーク制度
月に5日間のテレワーク実施日を設定。取得は自由です。自らの意思で予定をたてて、自由な環境で仕事ができます。
子ども手当
満20歳になるまで、一人につき毎月1万円を支給する制度。0〜18歳までに、その累計は200万円を超えます。
フレックス、時短制度
育児中のママ、パパにも安心して働いてもらえるよう、時短制度も取得可能。上長と相談の上、柔軟な働き方を応援します。
その他の募集職種
募集要項
  • アカウントセールス
  • インサイドセールス
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • カスタマーサクセス
採用に関するお問い合わせ
当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
会社見学、会社説明を実施させていただきます。
業務内容
カスタマーサクセスは、顧客の真の成功をめざすチーム。コンサルタント、マーケティングディレクター、オペレーターから編成されています。 コンサルタントはマーケティングの全体設計を顧客とともに考え、そして早期実行、早期成果を出すための仕事を行っています。マーケティングディレクターは全体の進行管理などプロジェクト全体を俯瞰し、クリエイティブチームや外部パートナーと連携しながら顧客課題の解決に挑みます。オペレーターはマーケティングオートメーションの設定、実装作業を行います。三位一体となり、顧客のマーケティング活動を全面的にバックアップします。
求める人物像

・顧客の成功を誰よりも喜びに変えることができる人。

・三度の飯よりマーケティングが好きと言える人。

・現状を理解しつつ全体とのギャップを埋めることができる人。

勤務内容
始業、
終業の時刻、
休憩時間、
所定時間外労働の有無

・始業(9時00分)~終業(18時00分

・休憩時間(60分)

・所定時間外労働の有無(有)

休日


・定例日:完全週休2日、国民の祝日その他会社が定めた休日カレンダーによる

・年間休日130日(前期実績)

休暇





・年次有給休暇
6ヵ月継続勤務した場合 →10日
継続勤務6ヵ月以内の年次有給休暇(無)

・その他の休暇
就業規則による

その他








・社会保険の加入状況
厚生年金、健康保険(全国健康保険協会大阪支部)

・雇用保険の適用(有)

・試用期間(有)

・年俸のうち超勤手当は固定残業代【45時間分】

・退職金制度:有(継続して3年以上勤務の場合)

・賞与:会社業績により支給

社内制度
書籍購入制度
自己研鑽につながる書籍であれば、会社が費用を立て替えます。自由に購入し、日々の仕事に役立ててください。
テレワーク制度
月に5日間のテレワーク実施日を設定。取得は自由です。自らの意思で予定をたてて、自由な環境で仕事ができます。
子ども手当
満20歳になるまで、一人につき毎月1万円を支給する制度。0〜18歳までに、その累計は200万円を超えます。
フレックス、時短制度
育児中のママ、パパにも安心して働いてもらえるよう、時短制度も取得可能。上長と相談の上、柔軟な働き方を応援します。
その他の募集職種
募集要項
  • アカウントセールス
  • インサイドセールス
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • カスタマーサクセス
採用に関するお問い合わせ
当社についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
会社見学、会社説明を実施させていただきます。